骨盤矯正
施術体験ブログ

坐骨神経痛について

2021年12月27日

坐骨神経痛を聞いたことはありますか?

坐骨神経痛とは、お尻から脚にかけて痛みや痺れが生じる神経症状のことを言います。

坐骨神経痛は、20代に発症することが多く続いて30代から40代、10代にも起こることがあると言われていて比較的に若い人に起きやすい症状だと言われています!

坐骨神経痛の起こる可能性、症状

◯腰痛持ちで時間が経つにつれて、お尻まで痛みが走るようになる

◯座りっぱなしが多くて、姿勢が前屈みに倒れている

◯脚にうまく力が入らなくなり、締め付けられている感じがする

◯身体を動かすと症状が強くなる

上記の症状は、坐骨神経に刺激が加わっていている状態のため要注意です。

坐骨神経痛になる原因

◯腰部脊柱管狭窄症

◯腰椎椎間板ヘルニア

◯筋肉の衰え

坐骨神経痛は様々な原因から引き起こすことが多いです。

主に腰を反らしたり、前屈みの姿勢になったり日常生活での動作、姿勢が原因になります。

また、筋肉の衰えに関しては筋肉量は20代をピークに減少していくと言われており特に下肢筋力の衰えは最も早いとも言われているので坐骨神経を守ったり、栄養を供給しづらくなることが問題になると言われています。

坐骨神経痛で悩まれていたらまはろ接骨院へ!!

坐骨神経痛でお悩みなら まはろ接骨院 あま甚目寺院にお任せください。

当院では、「痛み」の出ている場所をただマッサージ等するのではなく、痛みを誘発している根本の原因見つけアプローチをかけることで、痛みの根本的な原因から回復へと導きます。

慢性的な痛みやしびれを気にすることのない生活を手に入れることで、仕事だけでなく育児やスポーツ、趣味などをこれまで以上に楽しめるでしょう。

お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください!

お待ちしております!