骨盤矯正
施術体験ブログ

産後はほとんどの方が腰痛を発症します。

2022年02月9日

なぜほとんどの方が腰痛を発症するのか?

 

産後はほとんどの方が腰痛を発症します。

 

ではなぜそのようなことが起こってくるのでしょうか?

 

理由は骨盤にあります。

 

妊娠中は骨盤の周囲の筋肉や靭帯が緩むのに加え、姿勢の変化により骨盤や背骨のバランスが変化します。

さらに産後になると赤ちゃんのお世話が始まって、腰痛がひどくなりがちです。

 

 

 

骨盤は人間の土台となる

 

そもそも骨盤とは人間の土台だと言われています。

 

普段から体を支えているのは骨盤であり骨盤が歪むと背骨も歪みます。

 

出産によってその土台が歪んでしまうと骨盤で体を支えることができず腰への負担が大きくなり結果として腰痛につながります。

 

 

なぜ出産によって骨盤の位置がずれてしまうのか

 

なぜ、妊娠・出産によって骨盤の位置がずれてしまうのでしょうか。

 

それは妊娠中に分泌されるホルモン「リラキシン」によるものです。

 

リラキシンには、赤ちゃんを子宮内に保っておくために関節や靱帯、筋肉などを緩める作用があります。

 

出産後リラキシンの分泌は止まりますが、ただでさえ出産で狭い骨盤をこじ開けて赤ちゃんを産んでいるのに、緩んだ関節や靱帯を元に戻す筋肉量が足りていなければ、骨盤は開きっぱなし、歪んだままになります。

 

そしてさらに無理な体勢で授乳を行ったり、何時間も抱っこしたりといったことが続くとさらに歪んでしまいます。

 

 

 

腰痛の他にも症状が出る?

 

骨盤の歪みは、他にもたくさんの症状を発生させます。

 

腰痛の他にも起こりうる症状として

 

・冷え性になる

・むくむ

・お尻が大きくなる

・膝が痛くなる

 

といったものがあります。

 

骨盤が歪むと血流が低下します。

 

その結果足への血流がうまく回らなくなり、冷え性になったり浮腫んだりといったことが起きてきます。

 

さらに骨盤が歪んでいると、背骨や骨盤でうまく体重が支えられず、支えられなくなった体重が膝などに無理にかかってしまい、痛みとして発生してしまいます。

 

そうならない為にはしっかりと土台から整えておく必要があります。

 

 

産前の身体に戻すなら筋肉は不可欠

 

先ほども述べましたが、産後筋肉が伸びきった状態のままだと骨盤を安定させたり歪みを戻したりすることは出来ません。

 

なので骨盤の歪みを整えることはもちろんですが整えた骨盤を安定させるための筋肉までしっかりと鍛える必要があります。

 

皆さん「痛みがないから大丈夫」「放っておけば戻るから大丈夫」と勘違いされていがちですが全くの大間違いです!

 

骨盤は矯正しないと治りません。筋肉は鍛えないと鍛わりません。

 

だからこそ運動が苦手な人、続かない人でもできる当院のJOYトレで産後の身体も鍛えていきましょう!

 

 

まはろの骨盤矯正

 

当院では産後に特化した骨盤矯正メニューをご用意しております。

 

産後こそ身体を整えるチャンスになります!骨盤からしっかり整えて産前の身体、健康な体を手に入れましょう!

 

さらにお子様を連れてくることが出来るのでお母さんも安心して通って頂けます。

 

産後は放置しても絶対に治りません。歪みきった身体で固まってしまう前に当院へお越しください!お待ちしております!