骨盤矯正
施術体験ブログ

腰椎ヘルニア

2021年11月15日

その腰の痛みはただの腰痛?それともヘルニア?

腰痛の原因になる腰部癒着性くも膜炎のMRIを用いた新しい診断アプローチ | 東京大学

 

腰椎ヘルニアの特徴

□下半身の痺れ(特にすねの外側、ふくらはぎ、もも裏)

□長期間続く腰の痛み

□腰の中心部の痛み

□下半身の脱力感 etc… 

 

腰椎ヘルニアとは?

腰椎椎間板ヘルニアは、一つ一つの腰骨の間にある椎間板(クッションの役割)の一部が腰の負担に耐えきれず、後方に飛び出し神経に接触し、「腰部や臀部・下半身に痛みや痺れ」を生じるものです。

 

腰椎椎間板ヘルニアは、悪い姿勢での動作や作業、喫煙などで起こりやすくなります。

しかし、負担がかかるような作業をしていない方でも、様々な要因によって、腰椎椎間板ヘルニアを発症することがありますので、誰にでも起こりうる病気といえます。

腰椎椎間板ヘルニア | 成尾整形外科病院

 

治療

まず第一選択は保存療法です。安静を心がけ腰への負担を避けるためにコルセットを使用することもあります。まずは痛みを和らげることを目的に治療を進めていく必要があります。

まずは必ずご自身で判断せずに私たちにご相談を。

 

★まはろ接骨院で行う治療★

電気治療(干渉波、ハイボルテージ)による治療
→炎症や痛みの閾値を下げることで即時的に痛みを緩和

干渉波の効果:筋肉の緊張を改善し、血行を促進させ痛みを軽減
ハイボルテージの効果:直接的に患部の炎症の抑制、痛みの軽減、治癒力の促進 

 

 

 

 

 

 

 

 

柔道整復師による根本治療
→骨盤の動き、背骨の関節の動き、全身の関節治療

腰椎椎間板ヘルニアの根本的な原因は、「骨盤や背骨の関節の動きの悪さ」にあることが多いです。そのため関節を正常な動きをだすことで、根本的な治療を行うことができます。

 

 

 

 

 

インナーマッスル強化
→特殊なEMSトレーニング機械を使用し、日常的には鍛えにくい腰周りに必要な筋肉を強化

腰回りは骨格的に不安定なので、お腹周りの「インナーマッスル(=体幹)」がとても重要です。

腰回りが安定することで腰椎の椎間板への負担が軽減し、かつ再発もしにくい身体を作ることができます。

 

 

 

 

 

整形外科などでヘルニアと診断されても、症状がほとんどないという方もいらっしゃいます。それは症状の根本的な原因がヘルニアではないからです。悪い姿勢や動きの癖などが原因で腰に負担がかかりやすく、ヘルニアによる神経症状が起こりやすい身体になっているということがあります。

そこで私たちまはろ接骨院では、症状の根本的な原因をしっかりと評価した上で、患者様に適した治療計画を立てていきます。

「今悩んでいるその腰の痛み、放っておいたら後々大変になるかもしれません。。」

不安に感じたらまずご相談を(^^♪