骨盤矯正

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)について


シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)とは?

歩いてる時やランニングをしている時にすねの内側やふくらはぎの内側に痛みが生じることがあります。

具体的にあげると走ったり歩くと痛む、スポーツの練習をした後に痛みが始まる、痛みが楽になって練習に復帰したとしてもまたすぐに痛くなってしまうなどの症状が挙げられます。

このようなすねの内側に痛みが生じるものをシンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)と呼んでいます。

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)の特徴

骨折をした時のような激しい痛みがするのではなく、鈍い痛みが続くのが特徴です。

基本的にはどのようなスポーツをしていても、激しい運動した際には発生する可能性があり、その中でもランニングをはじめとし、ジャンプを繰り返すバスケットボールやバレーボールなどをしている人に起こりやすい症状です。

すねの下3分の1あたりに痛みを生じることが特徴で、通常であれば安静にすることで痛みがなくなるでしょう。

最初のうちは不快感から始まりますが、運動を続けていくうちにいったんは弱くなるものの、次第に悪化してひどくなると常に痛みがある状態となります。

筋肉の負担→シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)の痛みの原因として考えられることは筋肉です。すねの周りにはさまざまな筋肉がついていますが、走ったり歩いたりジャンプをする際には筋肉を使うことになります。

筋肉は使うたびに”ぎゅっ”と緊張してしまい、すねの骨を覆っている膜を引っ張ることになります。

この引っ張り続ける状態が続くことで耐えきれなくなり炎症が起き痛み始めます。軽度の症状であれば練習量を落としたり練習自体を休むことによりほとんどの痛みは治まります。

まずは当院へご相談ください!

当院の施術では、足関節の周辺を調整していくことで、すねが受けてしまう負担を軽減していきます。

お一人お一人で足関節の状況は異なってまいります。当院はあなたに合った施術、予防法で症状の緩和を行います。

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)のお悩みはぜひ、まはろ接骨院へお越しください。

各種保険も適応できます!

   

料金表はこちらから

料金表はこちらをクリック

お問い合わせ

愛西市まはろ接骨院LINE友達追加でラクラク予約!

TOPへ戻る