骨盤矯正

捻挫について


捻挫の原因とは

まはろ接骨院に来院される患者の中でも症例数が多い捻挫は、関節に対して外部から強い力が加わってしまった事により、元来の運動では行われない運動が行われた際に発症します。

具体的には内側に向かって足首を大きく捻るといった様子が、元来の運動では行われない動きとして挙げられます。

内側に足の関節を捻ってしまう事が原因の捻挫は足関節内反捻挫と呼称される例もあり、スポーツ競技に興じている時に限らず日常生活を営んでいる場合でも発症数が多いです。

捻挫を起こしてしまう起因

足関節内反捻挫に繋がる原因は足の関節における外くるぶしの近くに位置している外側靭帯の中の靭帯が伸ばされたり、一部分的に切れてしまい損傷する事が引き金になります。

また、捻挫は足首に限らず膝にも見られる症状ですが、膝の場合には内側側副靭帯損傷が多く膝の関節の外から内に向かって外部的な力が加わる事が原因です。

よくある事例について

まはろ整骨院にて膝関節捻挫であると診断された方はスポーツ競技に興じている最中に急にターンをしたり、ジャンプによる跳躍と着地を繰り返す事が原因である事例が多いです。

さらに、捻挫は関節が損傷する怪我であるが故に関節が存在している部位であれば全てにおいて対象となるため、日常生活を営んでいる際に発症する事例は多くない肩に原因を抱えている方も居ます。

肩に原因を抱えている方が多いのは、ラグビーや柔道など相手と直接的に身体をぶつけ合い試合や稽古に挑む方々です。

捻挫の特徴

一般的には上半身に原因が生じる事例はそう多くないですが、階段などから転落したり交通事故に見舞われた時には同様に肩や首に損傷が生じます。

発症した時に見られるのは患部の腫れと痛みであり、腫れと痛みの度合いは靭帯が損傷している様子に伴い強くなります。

ただし、膝の関節に存在している前十字靭帯は自覚症状が感じられにくいほど痛みが無いので、動作に違和感を覚えたり見た目に変化が感じられた時には速やかにまほろ接骨院を訪れましょう。

当院の施術方法について

ケガが起きた場合、まはろ接骨院あま甚目寺院は『エコー検査』を行います!

足を捻った場合は痛みが出ている部分の靭帯が切れていないか、骨が折れていないかをリアルタイムで確認し治療することが可能となります!

足の捻挫や手首の捻挫は『患部の絶対安静』が欠かせません。なので当院としては、「完全に動かない」ようにするために、一定期間『ギプス固定』を施します。

歩いて帰ることができます、安心してください。ギプスはしっかりとした知識・経験がなければ適切な固定はできません。

当院では定期的なギプスの練習会を行っておりますので、自信を持ってギプス固定を行っております。

しっかりと症状を治したい方、一度まはろ接骨院へご相談ください。

まずは、当院へ来院ください!

これまでお話させて頂いたように、例外でない限りは直接患部に対し施術すること。姿勢や本来からの癖に対するアプローチをかける二本立てで施術を行います。

もちろん、患者様お一人おひとりで姿勢や癖は異なっているので、貴方だけの施術で症状の改善を図ります。

各種保険も適応できます!

   

料金表はこちらから

料金表はこちらをクリック

お問い合わせ

愛西市まはろ接骨院LINE友達追加でラクラク予約!

TOPへ戻る