頭痛・眼精疲労

愛西市で頭痛・眼精疲労でお困りの方は

頭痛や眼精疲労って、なぜ起こるの?

70~80%は筋緊張性頭痛頭痛・眼精疲労になる過程

頭痛と言っても、一般的には3つのタイプに分けられます。一つは偏頭痛、二つ目は群発性頭痛、三つ目は筋緊張性頭痛です。頭痛で悩む約70~80%の方が筋緊張性頭痛です。当院においても、筋緊張性頭痛が主な症例になります。

筋緊張性頭痛の場合は、首や背中、肩の筋肉の緊張により血流の悪化が起こることが原因です。血流の悪化により、乳酸などの疲労物質が筋肉に溜まってしまいそれが周囲の神経を刺激し、頭痛や眼精疲労に繋がります。

「両側のこめかみから頭の周囲を締め付ける」ような痛みを感じることが多く、片頭痛のようにズキンズキンと脈を打つような頭痛とは痛み方が異なります。片頭痛と合併する場合もよくあります。

愛西市のまはろ接骨院の頭痛・眼精疲労の治療方法は?

愛西市まはろ接骨院の頭痛施術

頭痛が起こっている原因を探るところから始めていきます。首や肩だけではなく、全身の関節、骨盤などの動きを評価し身体のバランス状態を把握します。

筋肉の緊張をほぐす治療をしながら、首や背中、肩の関節の動きを良くする矯正を行います。身体の土台である骨盤にもアプローチをすることで、身体のバランスを本来の姿に戻していきます。過度な付加を掛ける治療ではないので、安心して受けていただけます。

交通事故による頭痛

愛西市まはろ接骨院の施術風景

交通事故後に起こる頭痛は実は事故の後遺症だったということがしばしばあります。しかし、交通事故が直接の原因であると気づかれていない方が多いのです。その理由の一つに事故に遭って数日後に症状が出ることが多いということがあります。

この頭痛は、事故の衝撃で骨がゆがんだり、筋肉が傷ついて炎症が起こっていることが原因の一つです。こういった痛みの原因を取り除くことは私たちの得意分野です。事故後の痛みは長引いてしまうことがよくあります。当院では早期に痛みを取り除き、後遺症も残さないための施術およびリハビリを行っています。
(自賠責保険適用の場合は自己負担0円で専門の施術を受けることが可能です)

交通事故施術・むちうち解消

愛西市のまはろ接骨院の頭痛・眼精疲労の患者様の症例

愛知県 津島市 40代 女性
病院で検査を受けたが異常はなく薬を処方していた

事務の仕事しており、長時間パソコンを見ていて痛みを感じられたようです。眼精疲労がひどくてずっと我慢していましたが、頭痛にも発展し当院に来院されました。まずは全身のバランスのチェックを行い、それをもとに関節の動きや全身バランスが悪いことが原因であるとわかりました。すぐに身体を正常な動きに改善する治療を行うことで、痛みが解消されました。定期的に来院されることで頭痛が発生する頻度や程度が軽くなり、今では痛みがでないようになっています。

「免責事項」効果効能を保証するものではありません

愛知県 愛西市 50代 男性
クレーン車の運転手で上を向いていることが多く頭痛が耐えなかった

職業柄どうしても上を向き続けることが多く、首を動かすのが痛く、常に頭痛を感じているようでした。痛みが強かったため、まずは首に対して超音波治療を行い痛みを抑えていきました。3回目の来院までは超音波治療で経過を見ながら、徐々に首周りや骨盤の動きをよくする治療を行いました。動きの改善によって頭痛も解消されました。今までは仕事中に気分が悪くなることも多々ありましたが、それもなくなり仕事が快適に出来るようになっています。

「免責事項」効果効能を保証するものではありません

お問い合わせ

TEL:
TOPへ戻る