愛西市まはろ接骨院での腰椎分離症

  • スポーツ後に腰が痛くなる
  • 授業中も座っていて腰が痛い
  • 安静にしていればいいが、動くと痛い
  • 腰を後ろに反ると痛みがある
  • なかなか腰痛が改善されない

腰椎分離症とは?

分離症とは小学生から高校生にかけての成長期に起こる腰椎の疲労骨折のことを言います。主に運動をしている子に多く、腰椎に過度な負担が加わることによって引き起こされてしまいます。

レントゲンやMRI、CT撮影をしてみると一般の方で5%程度の方に、スポーツ選手の30%の方に分離症は発生していると言われています。

腰痛分離症の原因・症状

分離症になる原因としては、学生期の過度な運動にあります。上記にも記載させていただきましたが、運動部ではない子でも分離症は発生していることもあります。骨格(骨)や筋肉がしっかりと成長する前に過度なストレスが加わることによって疲労骨折をしてしまいます。

症状として長時間同じ姿勢を繰り返している、運動後に痛みが出る、腰を曲げると痛みが出現するなど一般的な腰痛の症状と似ています。なので今まで分離症をとは気づかず大人になる方も少なくありません。

学生の分離症の場合は運動の際に痛みはあるが、安静にしていれば痛みはなくなる、また運動をすると痛みが出現するなど繰り返しの痛みで気づく学生さんは多いです。
また、分離症がひどい学生さんは動くだけでも痛みが出る子もいます。

まはろ接骨院の治療方法

学生さんの初期の分離症の場合は疲労骨折部分がある程度完治するまではコルセットを装着して絶対安静をお勧めしています。早い子で1か月、長い子で半年間絶対安静の子もいますが、
将来の事を考えたい際に当院としても無理はさせず、安静にしていることをおすすめしています。

ある程度年数が経ってからの分離症は腰痛の「要因」であり直接的な「原因」ではありません。直接的な原因は身体の歪みや姿勢不良、筋肉の硬さです。身体が歪むことによって分離症になっている腰椎の場所に負担がかかり、痛みが出現していることが多いです。

まはろ接骨院としては痛みを取るためには「ハイボルテージ」を使い、本当の原因である身体の歪みや姿勢不良に対しては「骨格・骨盤矯正」を用いて治療を行います。歪みを改善することで腰に負担もかけることもなく、全身が軽くなります。そうすることで根本改善することができ、「痛みの出にくい身体つくり」まで行うことが出来ます。


今後腰痛を繰り返さない身体作りをするために

まはろ接骨院では根本治療を目標とさせていただいておりますので、痛みを取るだけの治療ではなく今後も繰り返さないようにサポートさせていただいております。

「JOYトレ」という機械を用いてお腹の奥にある筋肉のインナーマッスルトレーニングを行っています。体を支えるインナーが弱いままだと骨盤矯正を繰り返し行っても症状は改善できますが、最終的に繰り返してしてしまう方が多くいらっしゃいます。だからこそ当院ではしっかりとインナーも鍛えて「今後も繰り返さない身体作り」本当の意味での根本改善を目標にさせていただいております。

※元プロ野球選手の久本様も、その効果を実感されています。

学生さんの場合も絶対安静にしながらインナーを鍛えることで今後の腰痛予防にもなります。身体も鍛えて復帰後いい結果が残せるように一緒に頑張っていきましょう。

お問い合わせ

TOPへ戻る