ストレートネック

  • パソコンやスマホなど下向き作業が多い
  • ストレートネックと言われたがどうすればいいかわからない
  • どこに行っても肩こりが治らない
  • 周りから姿勢が悪いと言われる
  • 頭部が前に垂れてしまった姿勢になっている
  • めまいや神経痛がある

ストレートネックの症状の原因や定義

身体の構造上、本来であれば首の骨はSの字カーブを描いています。

しかし、スマートフォンやパソコン、下向きの作業が多い方は首の骨にあるSの字カーブがなくなってしまい首の骨がまっすぐになってしまった状態のことをストレートネックといいます。

ストレートネック症状の多くの方は姿勢の悪さが根本原因になっている方が多くいらっしゃいます。

姿勢が悪く、頭部が前に出てしまっている状態が長く続くと首の筋肉に常に負担がかかり慢性的な肩こり、頭痛、神経、めまい、うつ病など様々な症状を引き起こしてしまいます。

ストレートネックの根本的原因

上記でも説明させていただきましたが、姿勢不良(猫背姿勢)からストレートネックになってしまう方が多くいらっしゃいます。

本来のSの字カーブがなくなってしまい、首がまっすぐになってしまうことで首の筋肉や肩回りの筋肉が緊張してしまい、慢性の肩こりや首コリが起こってきます。

ストレートネックは首の症状だから首だけの治療をしていればいい……と言うわけではありません。

ストレートネックは首だけの治療していてもなかなか改善せず、症状が軽くなっても同じ症状を繰り返してしまいます。

身体の土台である骨盤や肩甲骨周りもしっかりと治療しなければ本当の意味での姿勢改善やストレートネックの改善にはつながりません。

当院でのストレートネックの対応・治療

まずは体の土台である骨盤や背骨、肩甲骨、首周り、全身の歪みを改善するために「骨格・骨盤矯正」を行います。

次に姿勢改善をするために「姿勢矯正・猫背矯正」を行います。

上半身を中心に、猫背姿勢になってしまう原因でもある首、肩、肩甲骨、背骨を矯正していきます。

姿勢矯正をすることで、姿勢をよくするだけでなく、いい姿勢を患者様自身が取りやすくなります。

そうすることで意識的にいい姿勢をとれるようになり、少しづつ姿勢が改善されていきます。

姿勢が良くなることによって頭部が前に出てしまっていた状態も良くなり、ストレートネックも改善されていきます。

症状を繰り返さないための身体作り

当院としては根本改善のために姿勢改善をした後に、いい姿勢が維持できるように「インナーマッスルトレーニング」も取り入れています。

いい姿勢を保つためには「インナーマッスル」は必要不可欠です。

『骨盤矯正』で身体全体バランスを整えて、『猫背矯正』で姿勢不良を改善し、身体を支えるために必要な筋肉のインナーマッスルを『JOYトレ』で鍛える。

そうすることによって姿勢が改善され、ストレートネックが根本から改善されます。

皆さんも一緒に当院で「元に戻りにくい身体作り」を行い、慢性症状を改善していきましょう。

お問い合わせ

TOPへ戻る