愛西市まはろ接骨院でのスポーツ治療

  • すねの内側を押えると痛い
  • 走ったり、ジャンプするとすねの内側に痛みがある
  • 安静時は痛くないが、運動すると痛みが出る
  • よく走るスポーツをしていてすねの内側に痛みがある
  • 治った思っていたが繰り返し痛みが出てきた

シンスプリントの原因と定義

シンスプリントとはすねの内側(内くるぶしの10cmほどの上の高さ)に痛みが出現するスポーツ障害です。陸上選手に多く、マラソン、短距離、長距離、サッカー、バレーボールなど走る事やジャンプすることが多いスポーツをやられている方に多くみられます。

痛くなる原因としては走ったりジャンプしたりする動作を繰り返すことによって筋肉が引っ張られ、筋肉がついている骨や筋肉、筋膜に負担がかかってしまうからです。負担がかかる事によって次第に炎症反応になり、痛みが出てしまいます。

シンスプリントは疲労や筋肉の緊張から事が多いので安静にすることも大事ですが、痛みがある中で頑張りすぎると最悪の場合「疲労骨折」になってしまう場合もあるので注意が必要です。

シンスプリントの症状

シンスプリントは主に運動時に痛みが出ることが多いです。安静にしていれば痛みはないが運動すると痛みが出てくる、、、と言った訴えが多くあります。上記にも記載しましたが走ったりすることによって筋肉が引っ張られ、炎症反応を起こしている為、安静時は痛みなく、運動を始めるとすぐに痛みが出てしまいます。

痛みはすねの内側に出現することが多く、押したりするとかなりの痛みがあります。ふくらはぎのストレッチをすると痛みが出るなどすることもあります。
シンスプリントの場合は安静にしているだけでは一過性の改善は見られてもしっかり治療しないと完治しづらい症状です。

当院の治療法

シンスプリントは安静にしていれば治るものではありません。しっかりと治療する必要があります。

当院の治療法としてはまずは固まっている筋肉や炎症反応を抑えるために「ハイボルテージ」を使って治療していきます。炎症を抑えることによって痛みを軽減させていきます。ただ、「痛みを取るだけの治療をして終わり」にしてしまうと同じスポーツをしている間に繰り返してしまいます。なぜシンスプリントになってしまったのか、どうしたら今後シンスプリントにならないのか、その場限りの治療をするのではなく「将来の事を考えた治療」を当院は行っております。

全体のバランスや身体の硬さ、左右の筋肉バランスなど様々な検査を行いながら、シンスプリントになってしまった本当の原因を見つけて改善していきます。

今後も痛みなくスポーツができるようにしっかりと治せるときに治療していきましょう。

お問い合わせ

TEL:
TOPへ戻る