損保会社 ご担当者様へ

損保会社 ご担当者様へ

はじめまして。株式会社昭真会 まはろ接骨院の佐藤貴正と申します。

株式会社昭真会 まはろ接骨院では、三方良しの考え方に基づき、「交通事故に遭われた患者様」「損害保険会社様」にとって、より良い施術・対応をご提供できるよう日々努めております。

最近よく耳にするのが、「患者様」「損害保険会社様」「医療機関」と、立場が異なるために起きてしまうトラブルです。トラブルの原因は、治療院等が損害保険や交通事故の知識が浅いにもかかわらず、交通事故患者集めに必死になるあまり、間違った権利を主張していることにあります。

我々、柔道整復師が正しい知識で最適な対応を行い続けることで、患者様損害保険会社様の信頼を得つつ、三者の関係性を適切なものに変えていけると信じています。

患者様の早期回復と損害保険会社様との円滑なコミュニケーションを目指し、三者が納得のいく関係を築いていけるよう尽力させていただきます。

まはろ接骨院の交通事故施術基本方針

法令。社内規則、企業倫理を遵守すること。

整形外科さまの診断部位に全て合わせます。
整形外科さまに行かれた時よりも部位が増えている場合には紹介状をお出ししてもう一度、整形外科さまの診断を仰ぎ、その診断名、部位数に合わせます。

3部位を超える部位数の場合には根拠、必要性等を事前にお話させて頂きご相談を行っております。

当院では交通事故の施術=自由診療とは捉えておりません。
損保会社さまが提示しておられる目安料金を守り請求をさせて頂いております。

また、自賠責の限度額である120万円を超えることのないようにさせていただいております。

交通事故での怪我は捻挫、打撲だとしても医接連携が重要な事を熟知しております。
接骨院だけではなく、整形外科様や専門外来機関に通院して頂くように初診時から患者さまへ指導計画させてもらっております。

損保会社様には患者さまの怪我の状態がどうなっているのか?終了の見込みは?等を把握するには施術明細書しかないと思われます。
ご心配をおかけしない様に毎月、月初めに確実に施術明細書は提出しております。

怪我の状況、時期に合わせ施術を行うと同時に、日常生活の注意事項などの指導までも行なって早期回復、早期解決を目指し患者さま、損保会社さまとの信頼関係構築に努めます。

交通事故の状況や車両の破損状態で怪我度合いも、ある程度は推測出来ると考えております。軽微物損の様な交通事故にも関わらず長期に渡る施術を行う様な事は致しません。

患者様の訴えも聞きますが骨折・痺れがない症状に関しては長くても3~4ヵ月の治療で終了させていただいております。

損保会社様が患者様と連絡が取れないでお困りになる事があると思います。
その際には当院にお申し付けくれれば、患者様に損保会社様がお話ししたい旨を伝えたりさせて貰っています。また、患者様の怪我の状況が患者様自身のお話では理解できない場合などは当院にお気軽にお電話下さい。

下記の様な方の受け入れをしております。
● 整形外科様に通っているが、症状の改善が見られず、施術が長期になりそうな方

● 通院したいが仕事の都合上、夜遅くにしか通院出来ない方
● 接骨院と整形外科さまとの併用通院を希望している方
● 損保会社様とのコミュニケーションが上手に取れずに、施術が長引きそうな方

 

 

お問い合わせ

TEL:
TOPへ戻る