骨盤矯正

腱鞘炎について

腱鞘炎の症状

セーバー病とは

セーバー病は『10歳前後の男児』に多い『踵(かかと)』の痛みです。成長期の長時間走る子供や、屈伸運動の多い子供に発生しやすいです。日常生活ではあまり支障はなく、運動時や運動後、踵を押すと痛みが出現します。
 

特に激しい運動後は痛みが強く、踵を地面に着くと痛いので『つま先立ちのような歩き方』で歩くことが特徴的です。骨端症は、症状によって日常生活に支障をきたすこともあるので注意が必要です。

セーバー病の治療法

デスクワーク

まずは炎症反応や痛みを和らげるために『ハイボルテージ(超音波治療器)』を用いて今ある痛みを改善します。しかし、それだけでは「今ある痛み」を良くしただけで終わってしまい、また運動を再開すると痛みを繰り返してしまうことがあります。

そこで当院は「今ある痛みを良くする」だけでなく、『これからも痛みが出ないように』治療を行っていきます。そのために体のバランスを骨盤矯正や全身矯正で整えていきます。

さらに『BODYVATION』と言われる「動作解析」で、痛みが出やすくなっている体の使い方やクセを改善させます。

当院の治療のこだわり

【痛みを良くする×体のバランスを整える×問題となる動きを改善させる】

デスクワーク

ここまで治療することによって今後も痛みが出ないように、さらには別の怪我の予防も同時にしていきます。

病院に行ってもどこに行っても改善されない踵の痛みがありましたら、一度まはろ接骨院にご相談ください。

お問い合わせ

愛西市まはろ接骨院LINE友達追加でラクラク予約!

TOPへ戻る