病院・整形外科との上手な通い方

★大事なポイント★

①保険会社に連絡する前か、もしくは保険会社からどのような指示をされてもまずは当院にご相談ください。(保険会社は加害者に有利な提案をしてくるケースが多いため)

②交通事故に遭ってから2週間以内に必ずご来院ください(患者様が不利益にならないため)

医療機関が得意な領域とは?

接骨院が得意な領域とは?

 

交通事故に遭って痛みが出た場合は、最初に当院へ一度お電話をください。

その上で医療機関(病院・整形外科)への通院が必要な場合は連携させて頂いている信頼のおける医療機関に紹介状を作成させていただきます。その後、医療機関で診断を受けていただき少しでも痛みが出ている箇所については必ずレントゲンを撮って頂くように医師の先生に依頼をしてください。

患者様自身が痛い箇所を伝えないと適切な診断を受けられないケースがあります。

なお、時間が経過してから違う部位に痛みが出た場合にも必ず医療機関で診断を受けましょう。

接骨院と医療機関(病院・整形外科)の間の交通事故治療の大きな違いは、医療機関が組織の損傷や骨折といった症状をレントゲンやMRIを用いて的確に診断を行い治療することが出来ます。

一方、接骨院ではレントゲンやMRIを用いた検査では診断することの困難な筋肉や骨格の負傷に対して適切な治療を行うことが出来ます。レントゲンやMRI検査を医療機関で受けて問題ないと診断されたが、交通事故後のお身体の不調でお悩みの方は、接骨院にご相談ください。

1. 交通事故直後

交通事故直後は、病院・整形外科といった医療機関へ通院していただくことをお勧めしまう。

レントゲン・MRIで痛みの出ている箇所を的確に診断していただく必要があります。

レントゲン・MRIの撮影に関しては、患者様ご自身の口から痛みの出ている箇所を伝えないと診断を受けることの出来ないケースもございます。

少しでも痛み違和感のある箇所については必ず診断を受ける様にしましょう。

後日、痛みが出た場合も診断可能となりますが交通事故直後に違和感があるのであれば必ず診断してもらうようにしましょう。

2. 症状による通院方法

◇骨折と骨折後のリハビリ

レントゲンやMRIでの検査によって骨折と医療機関で診断された場合には、医療機関で適切な治療を受け、固定用のギプスが外れるまでしっかりと経過を観察する必要があります。

ギプスが取れた後は、リハビリが必要になります。医療機関で骨折の治療の経過を診断してもらうことは必要となりますが、同時に接骨院でのリハビリを受けながら、医療機関と併用することをお勧め致します。

◇むち打ち、腰痛

交通事故後の症状で最も多くみられるのがむち打ち、腰痛といった症状になります。

むち打ち、腰痛は早期に適切な施術を受けないと後遺症を残してしまうことがあります。医療機関のレントゲンやMRIでは発見することの困難な筋肉や関節の怪我を接骨院では治療することが出来ます。

接骨院で早期に適切な治療を受け、後遺症を残さないようにしましょう

◇医療機関からの転院方法

交通事故による怪我は医療機関(病院・整形外科)か接骨院で治療を受けることが一般的です。

治療を受ける医療機関・接骨院によって治療方法は異なります。薬や湿布を貼るだけで、治療方法に納得がいかない、治療自体が自分には合っていないのではないかと感じることもあると思います。治療を受ける機関を選ぶ権利は患者様ご自身にあります。治療に不安や疑問を感じるときは、すぐに全国交通事故治療認定院の愛西市のまはろ接骨院にご相談下さい。

患者様ご自身が治療を受ける機関を選べる事を知っていますか?

交通事故後の治療を受けている患者様の中には、転院などで治療を受ける機関を変更する際に保険会社から許可を貰う必要があると間違った認識をされている方が非常に多くおられます。

どこで、どんな治療を受けるかの選択権は患者様ご自身にあります。最初に選択する医療機関は勿論のこと、転院先の医療機関を選択する自由も患者様ご自身にあることを覚えておきましょう。

転院の方法・手続きについて

病院等の医療機関からの転院と聞くと、大量の書類が必要になって手続きが大変で難しいのではないかというイメージを持っておられる方もいらっしゃるかもしれませんが、転院の手続きは難しいものではありません。

基本的には、保険会社の担当の方に転院する医療機関・整骨院の情報を伝えるだけで転院することが出来ます。

 

そもそも、どこに通院するかを決めるのは患者様本人の意思です

 

他の医療機関や整骨院での治療に満足できず、当院への転院・併院を選択される患者様は多くいらっしゃいます。

転院・併院を希望される患者様の中には、通っている医療機関や保険会社の担当者が転院・併院を認めてくれなかったという例もあります。

自分に合った治療をしっかりと受け、交通事故後の怪我の早期回復と後遺症を残したくないと転院・併院を諦めることの出来ない方に知っておいて欲しいことが一つあります。

「どこで治療を受けるか選択するのは患者様本人の自由である

極端な言い方をすると、医療機関、保険会社に遠慮する必要はないという事です。

医療機関、保険会社との関係性よりもご自身のお身体のことを考えて当院への通院を選択された患者様の決断は、とても勇気ある行動だと言えます。

手続きの煩雑さや保険会社との揉める事による関係性が悪化することを恐れて、適切な治療を受ける機会を放棄してしまう方も多くおられます。

当院としても、「治療することができるのに・・・」と悔しい思いをしたこともあります。

当院では、弁護士の方と提携を結び、患者様に煩わしい思いをすることなく治療を受けていただけるように診療体制を整備してきました。

お身体のお悩みは勿論のこと、保険会社との面倒なやり取りのサポート、治療に関する的確なアドバイスを行わせていただきます。

ご自身に合った適切な治療を受けたいとお考えの方は、一度、全国交通事故治療認定院の愛西市のまはろ接骨院までお電話にてお問い合わせ下さい。

 

 

お問い合わせ

TEL:
TOPへ戻る