骨盤矯正

 

  • 立ち上がる瞬間や歩き始める際に鼠径部が痛い
  • 鼠径部が常に痛い(夜間も)
  • 鼠径部が痛く、腰を曲げられない
  • 靴下が履けない、足の爪が切れない等
  • 手すりがないと階段の昇降ができない

変形性股関節症の概要

変形性股関節症は先天性・後天性の疾病や外傷によって、股関節の構造に破綻を来した状態をいいます。非炎症性で進行性の病気です。

その過程において関節軟骨に変性・破綻が起こり、更にそれを修復する反応が同時に起きている状態すなわち、擦り減り過剰な骨ができ、擦り合わせに不具合が生じて関節が変形していく病気です。

変形性股関節症の原因

変形性股関節症は原因不明「一次性股関節症」と怪我や病気に基づく「二次股関節症」の2つがあります。

一次性は軟骨の擦り減りなどの高齢化に伴う関節の変形が生じるものです。

二次性股関節症は先天的なものや、骨折や脱臼などの後天的変形が基に発症するもので、多くは「先天的股関節脱臼」、「臼蓋形性不全」などの先天的によるものが多いです。

変形性股関節症の症状

痛みは股関節・鼠径部だけではなく、臀部、大腿部にも現れます。運動時や歩行時の痛みだけでなく、痛みに伴い股関節の『可動域の制限』がみられます。

痛みが少ないときはあまりみられませんが次第に開脚、内に捻る動作が制限されます。

更に痛みが増すと、股関節の曲げ伸ばしに影響が起こります。痛みや筋力が落ちると足を引きずりながら歩く(跛行)もみられます。

その他にはお尻の筋肉、太腿の筋肉の筋萎縮がみられてきます。

変形性股関節症の治療法

まず当院では姿勢分析でお身体の前後左右のバランスを分析し、どこに原因があるのかを探ります。

痛みがひどい場合は、ハイボルテージ治療を行い、ピンポイントの痛みを和らげます。その後骨盤矯正でお身体のバランスを整え、股関節への負担を軽減していきます。

さらに『BODYVATION』と言われる「動作解析」で、股関節の使い方やクセを改善し、ご自宅でできるセルフエクササイズをお伝えします。

これらの治療により、股の変形が残った状態でも、痛みで苦しまない生活ができます!

変形性股関節症については当院にお任せ下さい


 

変形性股関節症についてご説明致しましたがいかがでしょうか。当院では、お客様一人ひとりに合わせた丁寧な施術で症状改善に導きます。辛い症状にお悩みの方は当院にお越しください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

お問い合わせ

愛西市まはろ接骨院LINE友達追加でラクラク予約!

TOPへ戻る