骨盤矯正

 

  • 膝の内側に痛みがある
  • 膝関節が痛む
  • 膝が痛み運動ができない
  • ジャンプをすると膝が痛む
  • 膝が腫れ痛みがある

膝 内側側副靭帯(MCL)損傷について


 

膝の様々な靭帯の中で1番損傷しやすい靭帯が、この膝の内側についているMCLと呼ばれる靭帯です。この靭帯は、膝関節が内側にぐらつく動きを抑制します。

 

内側側副靭帯損傷の原因

 

もっともこの靭帯を損傷する原因として、膝関節が『knee-in&toe-out』になることです。簡単に言うのであれば、膝が内側に入り負荷がかかった際に損傷をしてしまいます。

 

この靭帯を損傷する可能性が高い競技として、バスケットボールやサッカーが代表的にあげられます。原因は切り替えし動作やジャンプの着地など、膝が内側に入ってしまうリスクが高いからです。

 

内側側副靭帯損傷の症状

 

・膝の内側の痛み、腫れ

 

・膝関節の不安定感

 

・膝関節の引っかかり&ロッキング

 

内側側副靭帯損傷の治療法


 

まず靭帯が完全断裂をした場合は、手術をするしか治す方法はありません。ですが、手術をして完治ではありません。1度損傷をしたということは元々の関節の位置異常や、機能に問題があります。筋肉の柔軟性の欠如、左右の筋肉のアンバランス、身体の歪みなど様々な基礎的要因があげられます。

 

股関節・足関節の可能性

 

その中でも1番大切なことが【股関節、足関節の可動性】です。なぜかというと、膝関節は解剖学的に『安定性の関節』と定義されており、本来大幅に動く関節ではないのです。膝に負担にかけないようにするには、股関節と足関節がしっかりと動く必要があります。

 

内側側副靭帯損傷については当院にお任せ下さい


 

当院ではこの1つ1つの関節がしっかりと動くようにするメニュー『BODYVATION』を導入しております。このメニューはスクワットやレッグランジ動作を評価し、何の関節が機能していないのかを明確に分析にし、その方に適したメニューを提供していきます。

 
 

当院では痛みに対する対処療法だけでなく、今後繰り返さないようにするための予防治療までしっかりとサポートさせていただきます!!

 

お問い合わせ

愛西市まはろ接骨院LINE友達追加でラクラク予約!

TOPへ戻る