骨盤矯正

野球肘について

野球肘の症状

野球肘とは

デスクワーク

野球肘は、野球の投球動作を積み重ねることにより肘関節に痛みが出現します。

最も痛みが生じやすいのは肘の『内側型』で、原因として肘の内側の靭帯や筋肉に牽引力(引っ張られる力)が加わってしまい、それによりこれらの靭帯や筋肉の付着部である「上腕骨内側上顆炎(肘の内側の骨)」に炎症が起こってしまいます。
 

※メジャーリーガーの大谷翔平選手が受けた肘の「トミージョン手術」が、この内側の靭帯の再建手術となります。

また『外側型』の野球肘は、上腕骨小頭と橈骨頭という骨同士が、投球時にぶつかりあうことにより生じ、「上腕骨小頭」という骨が剥がれてしまいます。

この剥がれた骨が肘の関節にはまり込んでしまい、投球時に痛みを生じます。一般的に野球選手の中で関節の『ネズミ』という表現をします。

野球肘の原因について

デスクワーク

繰り返しボールを投げることによって、肘への負荷が過剰となることが原因です。肘に痛みがあると【肘だけに原因がある】と考えてしまいがちですが、実際にお身体を診させていただくと【猫背で肩関節の動きが正常に出ていない】。これが原因で肘に負担がかかっている方がとても多いです。

野球肘の治療法

まず当院では『エコー(超音波画像診断装置)』を用い、肘の内側、外側のどこに異常があるのかを見極めます。

肘の内側であれば一定期間投球制限を行い、ハイボルテージ(高周波電気治療器)と肘関節の施術で改善が見込めます。ただし施術で痛みは改善しますが、そのままでは再発させてしまう方が多く見えます。
 

そのために当院では肩関節の動きを良くするために『猫背矯正』を行い、さらには痛みを再発させないために、『BODYVATION』というスポーツトレーナーとのリハビリやエクササイズで、【身体の使い方のクセ】を改善し、『痛みを繰り返さない身体作り』まで徹底的にサポートします。

ただ肘の外側に異常が見られた場合は、「完全に投球禁止」となり、整形外科へご紹介させていただきます。肘の外側の痛みをしっかりと完治させる場合は手術を行い、約1年間のリハビリを行うことが必要となることがあるため、早期発見がとても重要となります。

野球肘でお困りなら当院へ

デスクワーク

野球肘は適切な処置を施さないと、手遅れになるケースが非常に多くあります。肘に何らかの違和感、痛みを感じた際は、1度まはろ接骨院へご相談ください。

お問い合わせ

愛西市まはろ接骨院LINE友達追加でラクラク予約!

TOPへ戻る