愛西市まはろ接骨院での骨折・手当て・ギプス固定

  • くしゃみや咳をしただけで肋骨が痛い
  • 捻挫だと思っていたら腫れてきた
  • 早く良いコンディションに戻したい、早期改善
  • しっかりギプスで固定して欲しい
  • 転倒して骨折した
  • 少しでも楽な姿勢を保ちたい

その症状、放っておくとどうなるの?

  • 怪我がクセになる
  • スポーツができなくなってしまう

一般的には骨折や捻挫をして病院や整形外科に通院し、ギプスをまくことが多くあります。一方で、急なケガにおいては当院のような時間の融通が効きやすい接骨院に来院される患者様も多くいらっしゃいます。

接骨院においても、もちろん骨折や捻挫の症状に対応しておりますが、普通の接骨院では、ギプスを巻けない施術者が増えているようです。そのため、テーピングやアイシングだけの対症療法的な処置しかできずに、患者様に適切な処置が出来ていないケースもあるようです。

当院では、骨折や捻挫などの怪我に関する施術実績が豊富であり、ギプスに関しての専門的な知識を持った施術者が在籍しております、そのため、捻挫や骨折の適切な処置を行うことが出来ます。

まはろ接骨院では、捻挫や骨折でも回復力の高いギブス固定によって早期回復をします

愛西市のまはろ接骨院の捻挫や骨折の治療方法は?

捻挫や骨折の治療法

受傷直後はアイシングなどの応急処置を行います。大きなケガで足をひきづっているような方もご来院されます。

放っておくと、足を動かすことが出来なくなり、筋力低下にも繋がります。一方で、ギプスをまくことで、歩行が出来るようにもなり筋力低下も抑えることができるのです。そのため、症状の回復も早くなるのです。ギプスで固定することがそれだけの大きな効果があります。

接骨院では、レントゲンなどでの診断をすることが出来ないため骨折の疑いがある場合は提携している病院を紹介いたします。まはろ接骨院は総合病院・整形外科と連携体制を整えており、病院への紹介が必要ならば即座に対応可能です。当院には、リハビリの施設も併設しており、リハビリやお体のケアも病院と連携をとりながら、しっかり行っていきます。


症例 | 愛西市まはろ接骨院

  • 愛知県 愛西市 30代 女性(主婦)
    出産後の腱鞘炎が中々治らず、ギプス固定で1週間で完治

    出産後に腱鞘炎になってしまい、どの治療を受けても中々解消されませんでした。
    当院でもサポーターやテーピングを使用して対処したのですが、当初は中々よくなりませんでした。テーピングだとどうしても一定期間しか固定できず手首に負担がかかってしまっていました。
    そこで、完全に手首を固定できるギプスをさせていただいたところ、1週間ほどで完治されました。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。

愛西市交通事故後の負傷の治療・リハビリ

お問い合わせ

TEL:
TOPへ戻る