骨盤矯正

 

  • 膝の内側が痛い
  • 朝起きてからしばらく膝が痛い
  • 膝が腫れ、熱感がある
  • 膝が曲がらず、正座ができない
  • 関節の痛みが取れない

変形性膝関節症の概要

変形性膝関節症とは、関節軟骨の老化・消耗により、膝の関節が擦れ合うことで、膝の内側に変形が起こり痛みを生じます。

変形性膝関節症は主に加齢が原因(特に50代以降の女性)になりますが、肥満による膝への負担、過去に膝のケガの既往歴があると、若くして発症することもあります。

また膝が変形してしまう方と変形しない方が分かれ、その違いは、膝の間違った使い方による、膝への過度なストレスと言われています。膝へ負担をかけないようにするためには、『股関節』『足関節』の正しい使い方がとても重要になります。

特に歩き仕事や力仕事を長年続けることにより、発症のリスクが高まります。

変形性膝関節症の症状

変形性膝関節症の症状として、動き始めに膝の痛みが強いという特徴があります。

膝には関節包という関節の潤滑液が入った袋に包まれており、関節同士が擦れ合うことでこの液が分泌され、膝の動きがスムーズに行えます。

ただ動き始め、特に朝一番は潤滑液が枯渇していて膝の動きがスムーズでないため、朝一番は痛みを感じやすくなります。

よく整形外科で「ヒアルロン酸注射」をする方を見かけますが、あの原理はこれと同じで、関節に潤滑液をいれることで痛みを和らげています。ただ関節注射にはヒアルロン酸だけでなく、「ステロイド」も混ざっているため、打ちすぎると免疫力低下や、骨壊死を起こすリスクもあります。

また痛みを感じる期間にも特徴があり、変形している最中の痛みが強く、変形が止まると痛みを感じなくなります。なので痛みが緩和したからといって、変形が治ったというわけではありません。治療をせず放置してしまうと、人工の関節になるリスクがあります。

変形性膝関節症の治療法

当院ではまず『エコー』を使い、膝の変形の有無を判断します。また変形している骨を治すことはできませんが、痛みの改善はできます。なぜか?というと骨は基本的に痛みを感じないからです。

膝周りの筋肉が硬くなることにより、骨の周りの骨膜が引っ張られストレスが加わります。この骨膜や関節軟骨が痛みを感知するため、筋肉や関節の動きを正常にすることで痛みの改善ができます。

そのためまずは炎症反応や痛みを和らげるために『ハイボルテージ(超音波治療器)』を用いて今でている痛みを改善します。しかし、それだけでは「痛み」を良くしただけで終わってしまい、痛みを繰り返してしまいます。

そこで当院は「痛みを良くする」だけでなく、『これからも痛みが出ないように』治療を行っていきます。

そのために体のバランスを骨盤矯正や関節矯正で整えていきます。さらに『BODYVATION』と言われる「動作解析」で、なぜ膝に痛みがでているのか?体の使い方やクセを改善し、ご自宅でできるセルフエクササイズをお伝えします。

これらの治療により、膝の変形が残った状態でも、痛みで苦しまない生活ができます!

変形性膝関節症については当院にお任せ下さい


 

変形性膝関節症についてご説明致しましたがいかがでしょうか。当院では、お客様一人ひとりに合わせた丁寧な施術で症状改善に導きます。辛い症状にお悩みの方は当院にお越しください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

お問い合わせ

愛西市まはろ接骨院LINE友達追加でラクラク予約!

TOPへ戻る