愛西市まはろ接骨院での肩の症状、肩こり・五十肩

  • 姿勢が悪く、肩周辺が常に重だるい感じ
  • 頭痛、めまい、吐き気まで症状が出ている
  • 肩が思うように上がらず生活に苦労している
  • 睡眠時、安静時にも肩に痛みを感じる
  • 仕事柄、パソコンを多く使い姿勢が崩れている

こんな肩の症状、放っておくとどうなるの?

肩の痛みと言っても症状は様々です

  • 仕事などでデスクワークが多く肩が詰まっている感じがする
  • スポーツのケガで肩の動きが制限されてしまい自分の思い通りに肩を動かせない
  • 日に日に肩が上がりにくくなり、夜間になると症状が余計酷くなり悩んでいる

肩こりを放置すると、血流の流れが悪くなり頭痛やめまいなどの症状が現れる可能性が高だけに、軽視してはいけません。五十肩も同じように筋肉に炎症が起き、痛みの度合いに応じて運動療法などを入れ運動学を中心とした肩の動きを獲得していきます。

どちらの症状も悪化してから治療を始めるでは仕事や生活にも支障が出ます、少しでも痛みのない楽しい毎日を送る為に早期治療、早期改善を目指します。

五十肩の原因

デイサービス

皆さん、肩を上げようとした際に、急に激痛を感じたことはございませんか?

五十肩でお見えになる多くの方が、『急に肩が上がらなくなった』とおっしゃられる方がほとんどです。

五十肩は、筋肉や靭帯の大きな損傷はなく、肩関節周囲の組織の衰えを基盤として、重い物を持ったり、肩を酷使した際に炎症を起こし、痛みを誘発します。

この肩関節周囲の組織の衰えには、昔からクセづいている『骨盤の歪み』『猫背姿勢』が大きく関係しています。

また肩関節はいくつもの筋肉が協力し合って、動きを生み出すため、1つでも筋肉が炎症を起こして痛みがあると、周りの筋肉でかばってしまいます。

これらの状況が重なることによって、肩本来の動きが出せずに炎症が悪化し、周囲の筋肉がガチガチに固まってしまいます。

これらが原因で肩が上がらなくなってしまう。これを五十肩と総称します。

五十肩に対しての当院の治療

デイサービス

前に述べた文で、五十肩は筋肉に大きな損傷はないと記載をしました。だからといって、『何もせずに安静にして良くなるか?』というと、そうではありません。

先にも説明をしたように、1ヶ所の炎症が周りに広がり、肩周り全体が固くなります。

この固まってしまった筋肉が、時間と共に柔らかくなることは難しいです。

また腰痛と同様に五十肩にも、昔からクセづいている『骨盤の歪み』『姿勢』、特に『猫背』が関係してきます。

昔の考えであれば、マッサージをすれば良くなるという風潮もありました。ですがマッサージ後はたとえ良くても、その後の完全な改善は望めません。

しっかりと治すためには、これら姿勢の『根本の原因』を整える必要があります。

五十肩にハイボルテージ治療

当院の治療では、まず痛みを取るための『ハイボルテージ』治療を行います。

ごく一般の電気治療とは違い、筋肉の深部までアプローチができ、筋肉の固まりや炎症を和らげることができます。

その後は全身のバランスを整えるために『骨盤矯正』を行い、骨盤の歪みを整えていきます。

また、症状が落ち着いた方には、姿勢を正しくするための、『猫背矯正』も行っております。

これら3つの治療を行うことで痛みを取ることはもちろん、慢性の肩こりからも卒業することできます!

交通事故の肩の痛み(肩関節捻挫)

交通事故で肩を負傷した場合は、長期間痛みが肩周辺に残るケースがあります。その場合、一般的に肩関節捻挫と診断されます。このような捻挫に関連した症状はレントゲンで診断することが容易ではなく、特に治療については、整骨院でのリハビリがオススメです。 肩関節捻挫の場合、強い衝撃を受けたケースだと腱板損傷を起こしていることもあり、治療が長期に渡ります。当院の施術では、早期回復に加えて、後遺症を残さないための根本的な施術を行っています。(自賠責保険適用の場合は自己負担0円で専門の施術を受けることが可能です)

Before After

交通事故施術・むちうち解消

まはろ式肩こり治療の施術動画

愛西市まはろ接骨院のスタッフブログをチェック!

お問い合わせ

TOPへ戻る