愛西市居宅介護支援:住宅改修

  • 車医師の生活になり、スロープにしたい
  • お風呂場で転倒したので、手すりをつけたい
  • 握力が極端に落ちたので引き戸にしたい
  • 滑らないように廊下などの材料を変更したい
  • お手洗いに一人で行けるように手すりが必要

住宅改修

■ご自宅のバリアフリー改修をお手伝いいたします。

住宅改修とは居宅介護支援

住宅改修とは、手すりの取り付け、段差の解消、洋式便器への取替えなど、所定の小規模な住宅改修を行ったときに、介護保険から改修費用の一部が支給されるという介護サービスです。

年齢を重ねてくると、玄関の段差や階段の昇り降り、滑りやすい床や浴室、トイレが大きな負担になる事があります。
MAHALOリハビリテーションでは、将来を見通して、高齢になっても「安心・安全で快適」な毎日を過ごせる、住まい作りを専門スタッフがご提案いたします。

介護保険の対象となる住宅改修

介護保険が利用できる住宅改修の種類は、次のものに限定されています。

  • 1.手すりの取り付け
  • 2.段差の解消
  • 3.床または通路面の材料の変更
  • 4.引き戸等への扉の取替え
  • 5.洋式便器等への便器の取替え
  • 6.その他住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

■バリアフリー改修の他、様々なリフォーム・工事のご相談もたまわります

バリアフリーリフォーム

手すり・スロープ・段差解消・階段昇降機・ホームエレベーターなどを必要に応じて取り付け箇所、などのご相談を承ります。

 

内装リフォーム

廊下や寝室などの床の材質の変更もさせていただきます。フローリング・クロスの張替え・収納の増設・屋内家具の作成・室内扉の変更などのご相談を承ります。

 

水まわりリフォーム

歩行が困難になり、車椅子の生活になると、水周りにも手すりを付けたり、滑らない工夫が必要ですのでそういったご相談も承ります。

 

外講工事

玄関ドア・門扉・フェンス・テラス・ウッドデッキ・外壁なども住みやすい環境づくりは大切です。外講工事のご相談も承ります。

 

■住宅リフォームに関するすべてに対応します。

MAHALO住宅改修の特徴

住宅バリアフリー化が進んでいる今、介護工事・障害工事に関しましての申請代行はもちろん各担当者が福祉住環境コーディネーター資格をしょゆうしており、書類作成代行・申請代行(一部地域を除く)も致します。
住宅改造の他に福祉用具販売・貸与やケアプラン作成ホームヘルパーの派遣(地域限定)等のサービス・情報提供が可能となっております。

3つの安心ポイント

工事以外の事や身の回りのことも全力でお客様のご要望にお応え致します。

多くのバリアフリー工事の実績があり、幅広いご提案に自信を持っております。

ご相談からアフターサービスまで連携のとれた対応をさせていただきます。

介護保険で受けれる、住宅改修費支給

住宅改修費支給サービスの自己負担額

住宅改修費支給サービスは限度額が20万円と決まっております。

そのうちの1割を自己負担していただく必要があります。限度額である20万円を使用しての改修の場合は、介護保険の給付としては、18万円が払い戻されて、1割の2万円をご負担頂く事になります。

現在、お住まいのおうちに対して、総額の20万円まで支給を受ける事が出来ます。少しして住宅を転居した場合には、新しい家に対しても再度20万までの支給を受けることが出来ます。

また、最初に住宅改修をおこなって改修費支給を受けた時の要介護度から3段階上がった場合、再度支給を受ける事が出来るようになりました。

そういった手続きなどの、まはろ接骨院で対応していきますので、少しでも分からない事、いまさら聞けないこと、などありましたらご相談下さい。

お問い合わせ

TEL:
TOPへ戻る