居宅介護支援

  • 車椅子、購入したほうが?レンタルのほうが?
  • 短時間でも預かってもらえたら
  • 今の生活を維持させていきたい方
  • まだまだ、お友達を作りたい!
  • どこに?誰に?相談していいかわからない

居宅介護支援事業所

■介護保険のことならMAHALOにお任せください。

介護保険の最適なプランを作成します。

居宅介護

介護支援専門員(ケアマネージャー)が介護保険に関する様々なご相談をお受けいたします。
利用者ご本人とご家族の希望を取り入れて、最適なプランを作成いたします。

・医療施設での経験豊かな看護師、理学療法士が担当ケアマネージャーとチームをつくり、ケアプランを作成します。

・サービス事業者、主治医とも積極的に連携をはかります。

・在宅でのリハビリテーションの相談やご家族の方々と話し合い、生活の自立を目指せるようなサービスを調整いたします。

・全額介護保険により負担されます。

介護保険認定手続き

介護保険で介護サービスを利用するには保険者である市町村に要介護認定を申請し、要介護の認定を受ける必要があります。
ケアマネージャーがご本人やご家族の代わりに要介護申請手続きを代行させていただきます。

「介護」についてわからないこと、不安な事、こうできたらいいのに。といった希望など、ケアマネージャーと相談しながら介護保険サービスで解決できることがたくさんあります。家族だけで悩まずに、まはろ接骨院までお気軽にご相談下さい。

手続きまでの流れ

  1. 申請

    本人または家族などが介護保険証を持参の上、各市町村の窓口で申請します。

  2. 訪問調査

    本人の心身の状態を調べるために市町村職員などが自宅を訪問します。

  3. 審査

    訪問調査の結果とかかりつけ医の意見書を元に、介護が必要かどうか審査し、判定します。

  4. 認定

    判定結果に基づいて市町村が認定し、申請した日から30日以内に本人に通知します。

  5. 介護サービス計画作成

    介護または、予防が必要と判定されたら、どのようなサービスを受けたらよいか、介護支援専門員にサービスの利用計画書を作成してもらいます。

  6. サービスの開始

    介護保険の給付は、基本的に現金でなく、サービスの提供です。ご利用者様 は、利用したサービスの費用の1割負担となります。

対象となる方

第1号被保険者で(65歳以上)介護が必要な方

第2号被保険者で(40歳以上65歳未満)脳血管障害や慢性関節リウマチ等などの特定疾患病

お問い合わせ

TEL:
TOPへ戻る