骨盤矯正

 

  • 肩を挙げる時に一定の角度(70~120度)で引っかかり感がある。
  • 投球動作中に、投げる瞬間に痛みを感じる。
  • 肩の筋力低下がある。
  • 夜間痛がある。

インピンジメント症候群とは

デスクワーク

上腕を繰り返し外転する(横に上げる)ことで、上腕骨と肩峰の間に腱板の一部や滑液包が挟み込まれ、滑液包に炎症や出血が起こります。患部を安静にすることでこの炎症は改善しますが、動作の反復によっては炎症を繰り返して慢性化します。

進行すれば、時に腱板の部分断裂となったり、肩峰下に骨のトゲ(骨棘)ができ、痛みがなかなか改善しなく、症状がかなり長期化することもあります。

この肩を横に上げる動作は、野球などの投球動作で頻繁に繰り返されて発症することが多いため、別名「野球肩」と呼ばれています。

インピンジメント症候群の治療法

デスクワーク

まず当院ではハイボルテージという高周波電気治療器で組織の炎症を抑えます。その後施術で肩関節、肩甲骨の動きを良くし、痛みの改善を促進します。

当院の治療はそれだけではありません。トレーナーが提供する『BODYVATION』という『動作分析』で、『なぜ肩に過剰な負担がかかっているのか?肩関節を適切に使えているのか?』を確認していきます。

このトレーナーとのリハビリやエクササイズで、【肩の使い方のクセ】を改善し、『ただ痛みをとるだけではなく、今後同じ痛みを繰り返さない身体作り』まで徹底的にサポートします。

また肩関節の可動域が広がることにより、パフォーマンスの向上にも繫がります。肩の痛みでお悩みの方、1度当院へご相談ください。

各種保険も適応できます!

   

料金表はこちらから

料金表はこちらをクリック

お問い合わせ

愛西市まはろ接骨院LINE友達追加でラクラク予約!

TOPへ戻る