愛西市まはろ接骨院でのぎっくり腰治療

  • 朝起きたら突然腰が痛くなった
  • 靴下を履こうとしたら腰に激痛が走った
  • 腰が痛みでまっすぐにできない
  • 動くたびに腰に痛みが走る
  • 痛みで寝返りできない

●ぎっくり腰とは

ぎっくり腰とは慢性的な腰痛やヘルニア・坐骨神経痛とは違い、何気ない動作をした際に「突然」痛みが走る症状です。

ぎっくり腰になり病院でレントゲンなどを撮影しても骨には異常がなく、先生の診察を受けると、椎間板や腰椎がずれたことによる炎症反応や骨盤の歪みからくる筋力のバランス異常などが原因と言われることがあります。

ぎっくり腰は突然起こるもので、「何かをしたから痛くなった」というわけでもありません。 例えば掃除器をかけている際に突然、下にある物を拾おうと前かがみになった際など理由は様々です。 些細な動作でもぎっくり腰になってしまい、ひどい方では動くだけでも激痛が走る人もいらっしゃいます。

多くのギックリ腰は腰への注意がそれたときに起こってきます。

腰の筋肉への過剰な負荷が腰や背中の筋肉の損傷につながるために痛みを引き起こします。

●ぎっくり腰になる本当の原因は

腰の施術

ぎっくり腰は筋肉の硬直や疲労が主な原因と言われています。 人は立っている間や座っている間もバランスをとるために絶えず筋肉を使っています。 普段の生活の中で無意識のうちに筋肉に力を入れたり緩めたりしているのです。

毎日筋肉を使うことによって少しずつ筋肉は疲労していきます。 筋肉が硬く疲労が溜まってくると血液循環も悪くなってしまいます。 血液循環のいい方は疲労回復もしやすくなりますが、運動不足の方や、血液循環の悪い方はなかなか疲労が抜けず筋肉の硬さや張りも改善されません。

筋肉の疲労や硬さが改善されずに硬くなってしまうと、普段の何気ない動作によって筋肉に強い緊張が走り、ぎっくり腰を起こしてしまいます。 ぎっくり腰とは疲労や筋肉の硬さから引き起こされる、「筋肉のけいれん」のようなものになります。

●当院の治療法

腰の施術2

当院ではまず、ハイボルテージで痛みや炎症を取り除きます。 さらに骨盤・骨格矯正を行い、筋肉の緊張が原因で負担をかけていた部分までしっかりと全身を治療していきます。

全身を治療することによって腰にかかっていた負担を減らし、少しでも楽に動けるようになります。 初期治療ではぎっくり腰を起こしてしまった直後は、痛みのある患部を強く揉んだり触ったりしません。 強く揉んだりしてしまうと炎症が強くなってしまい、さらに痛みが増してしまうことがあるからです。 また、ぎっくり腰を起こしてしまった場合は、安静にして痛みが引くのを待つのではなく、早期の治療をおススメします。

「痛みの出にくい身体作り」

当院では痛みを取るだけの対処療法を行うつもりはありません。 患者様一人一人に合わせた治療を行い、さらに「痛みの出にくい身体作り」を当院のテーマとし、根本改善が行えるように日常生活指導や運動指導なども行っていきます。

当院としては根本改善するためにインナーマッスルを鍛える「JOYトレ」という機械を皆様におススメさせていただいております。 痛みをしっかり取り除き、骨格・骨盤矯正で体を整え、JOYトレを使ってインナーマッスルを鍛える。 そうすることによって繰り返していたぎっくり腰や慢性腰痛も改善されます。

皆さんも一緒に当院で「痛みの出にくい身体作り」を行っていきましょう。

交通事故施術・むちうち解消

まはろ式自宅エクササイズ 腰痛予防動画

お問い合わせ

TOPへ戻る