骨盤矯正
施術体験ブログ

姿勢を改善する大チャンス! “産後の骨盤矯正”

2019年01月7日

今回は出産経験のある方なら1度は聞いたことがある、

『産後の骨盤矯正』についてお話します!!

 

 

出産してから周りの方の中に、

「しっかりと身体整えた方がいいよ!」

「産後の骨盤矯正はやったほうがいいよ!」

と言われたことがある方はいらっしゃると思います。

当院の患者様の中にも、

「産後の骨盤矯正はやったほうがいい。

と聞いたたからとりあえず来ました。特に症状はないです。」

という方が多く見えます。

 

 

『ではなぜ産後の骨盤矯正を行った方がいいのでしょうか?』

 

①体のバランスが崩れてケガや腰痛、慢性疾患を引き起こす原因となる

妊娠中、お腹の中に赤ちゃんがいることにより、

赤ちゃんを守るためにお腹が前側に張り出すような姿勢、

いわゆる『反り腰』という姿勢になります。

この状態が出産まで続くことで、骨盤が前に傾いてしまうので、

背中や腰に過剰なストレスが加わり、腰痛に繋がります

最悪の場合ぎっくり腰や、慢性腰痛の原因ともなります。

なので出産後は一刻も早く骨盤を正しい位置に戻すことが大切なのです。

 

 

 

②骨盤の位置異常

出産により骨盤が歪んでしまうと、

・内臓器の機能低下

・便秘

・下半身太り

・代謝が悪くなる

など体調面や見た目で、様々な部分で不調などを起こしてしまいます。

体型の変化などは気づくことが多いですが、

内科的なことは気づきにくいので注意してください。

 

③骨盤底筋や腹筋の筋力低下による『尿漏れ』など様々な日常生活トラブル

子供を出産してから、

・お腹に力がいれにくくなった

・踏ん張ることができない

・ふとしたことで尿漏れをしてしまう

このようなお悩みはございませんか?

どうしても妊娠中は子供さんがお腹にいるため、腹筋を使うことがありません。

特に身体の軸となる体幹やインナーマッスル

筋肉は衰えてしまうため尿漏れなどを

引き起こしてしまう方も見えます。

 

➃お尻が大きくなってしまうなど、女性としての外見上の問題

出産に伴い骨盤が横に開いてしまいます。

先ほども上記で述べましたが、

外見上を気にされて、骨盤矯正を受けられる女性は多くいらっしゃいます!

「体重だけなら落ちたけど、体型が,,,」

と皆さん気にされています。

出産前の体型に戻すということは、一見簡単なようで難しいことなのです。

 

 

 

では産後の骨盤矯正は出産後いつまでに行えば良いのか?

出産の際、産道を確保するために『リラキシン』というホルモンが分泌されます。

このホルモンにより、骨盤の靭帯や関節が緩むためスムーズに出産が行えるのですが、

この緩んだ状態が硬くなるまで、

『約6ヶ月』と言われています。

なのでまず産後1ヶ月程度は安静にしていただき、

2ヶ月目以降から骨盤矯正を行うことをオススメしています。

 

 

 

☆当院の産後の骨盤矯正方針

当院は3つの観点から治療を行っていきます。

 

①根本的な歪みを取り除くための骨盤矯正

骨盤矯正と聞くとボキボキ音を鳴らされたり、

何か痛いことをされるのではないか、と不安に思う方が多くみえます。

ですが当院の骨盤矯正は音も鳴らさないですし、一切痛みも伴いません。

誰でも安心して受けていただけるような、無痛でソフトな矯正を行います。

 

 

 

②骨盤を閉めるための運動

尿漏れの原因の時にも述べたように、

出産に伴い骨盤底筋という筋肉が緩んでしまいます。

なので、この骨盤底筋をしっかりと意識して、

骨盤を一刻も早く閉めるための運動を行っていきます。

 

 

③腹筋を鍛えるためのトレーニング

妊娠に伴い筋力低下を起こしてしまった腹筋に対しては、

当院では『JOYトレ』という機械を用いて、電気の刺激により鍛えていきます。

骨盤矯正で歪みや症状は改善されるのですが、

この腹筋がしっかりといていないと、歪みを繰り返してしまう原因となります。

なのでこのJOYトレをしっかりと行うことにより、歪みの再発予防ができるのです!

特に帝王切開で出産された方は、腹筋の筋力低下が著明にみられるのでオススメです。

 

 

ここまで産後の骨盤矯正の重要性をお話しさせていただいて、

産後の骨盤矯正の大切さをご理解いただけたかと思いますが、

それでも通院を悩まれる1つの理由として、

「子供が泣いたり、ぐずったりしたらどうしよう」

とお悩みの方も見えると思います。

ですが当院はお子様連れでも大歓迎です!!

当院は女性スタッフも多く勤務しているので、

泣いてしまってもスタッフがあやしたり、抱っこして落ち着かせることも可能です(^o^)/

また普段使用されているベビーカーでご来院されても構いません!!

 

 

 

『産後の骨盤矯正は有効な期間が限られているので、

出産前のように元通りにするチャンスは今しかありません!!』

 

『出産』は女性にとって必然的なことかもしれませんが、

人間には非生理的な、身体に非常に大きな負担がかかることなのです。

一番最初に述べたように、痛みや症状がなくても、

「とりあえず来ました」という理由で結構です。

産後の骨盤矯正でどこに通えば良いのかお悩みの方、

どうすれば良いか分からなくてお悩みの方、

ぜひ1度当院へご相談ください!!

患者様のお悩みを聞き、それぞれの患者様に適した治療メニューを

自信をもって提供させていただきます(*^^*)

 

 

☆骨盤の歪みを根本から整えたい方

⇒愛西市、津島市口コミNo.1 まはろ接骨院の骨盤矯正を!!

 

 

寝たはずなのに朝がすっきりしないのはなぜ?

2018年07月25日

突然ですが、みなさんもこんな経験はありませんか?

・しっかり寝たはずなのに朝がスッキリしない。

・疲れがなかなか取れず、常に体が重い。

・疲れているはずなのに夜が寝られない。

 

 

暑いから仕方ない、、、

年のせいだから仕方ない、、、

と思われている方も多くいらっしゃいます。

 

 

でも今まで何もなかったのに

なぜこの様な症状が起こってくるのでしょうか?

それは身体のゆがみが原因で

起こっているかもしれません…

 

 

身体がゆがむことによって

・神経の通る隙間が狭くなり神経を圧迫
・血液の循環が悪くなる
・疲労が取れにくくなる

など様々な事を引き起こします。

 

 

神経の中でも自律神経が圧迫されてしまうと

頭痛や肩こり、眼精疲労の元になります。

なので身体がゆがみ、自立神経の通り道が狭くなると

・体調不良
・疲れが取れにくい
・朝の目覚めが悪い

などの症状を引き起こしてしまうのです。

 

 

では、どのようにしていけばいいのでしょうか?

先ず大事になってくるのが身体のゆがみを整えることです。

ゆがみを整えることで症状が改善させます。

 

まはろ接骨院では今の状態を知るために姿勢測定をおこないます。

患者様がどうなっているのか。

どこがゆがんでいるのか。

をしっかりと説明させていただきます。

 

 

ゆがみを把握したうえで「無痛の骨盤矯正」を行い、

身体のゆがみを改善します。

しっかりと歪みを整えることで、体の不調もなくなり

日常生活を楽に過ごしていただくことができます^^

 

まずは体全体のゆがみを骨盤矯正でしっかり整えます。

次にまはろ接骨院では「姿勢矯正、猫背矯正」

オススメさせていただいております。

 

なぜ、姿勢矯正をするのでしょうか?

身体のゆがみを整えるだけではいけないのでしょうか?

姿勢が悪いままだと身体はゆがんでしまいます。

せっかく骨盤矯正で整えた身体が少しずつですが

元に戻ってしまうのです。

なので「姿勢矯正、猫背矯正」をオススメしています。

 

 

猫背矯正では首、肩甲骨、肩を中心に

硬くなっている筋肉を柔らかくするするためにストレッチや

肩甲骨周りの動きをしっかりと出すように矯正していきます。

そうすることで前傾姿勢や猫背、なで肩といった姿勢不良が

改善されていきます。

 

「骨盤矯正」でゆがみを整える。

「猫背矯正」でゆがみにくい身体作りをする。

二つの治療を組み合わせることによってまはろ接骨院は

根本改善、根本治療を提供したいと考えています。

ただ痛みを取る。だけでなく

痛みを繰り返さないようにする。

患者様としっかりどうなりたいか、

今後どうなっていきたいのかを話して決めていきます。

 

 

愛西市、津島市、稲沢市周辺にお住まいの方で

・慢性的な痛みを抱えている方

・最近体に不調を感じている方

・姿勢不良を気にされている方

など体のことであれば何でもご相談ください。

全力でサポートさせていただきます。

 

 

まはろ接骨院は7月25日に

「あま甚目寺院」 愛知県あま市森2-1-3

をオープンしました。

接骨院、美容整体WELINA共に診療しています。

新しくできた院も本院も

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

どこに行っても治らなかった痛みのご相談は

 →津島市、愛西市口コミNo.1まはろ接骨院

身体の歪み、バランスが気になる方!

 →無痛、即効性が高いまはろ式骨盤矯正

 

 

子供が突然股関節の痛みを訴えたら・・・

2018年01月10日

子供が急に股関節が痛い!!!

訴え時に考えられる危険な原因や病名をご説明します。

 

ここでは、捻挫などをしたわけでもないのに、

子供が股関節を痛いと訴える際に考えられる原因や病名、

その際の見分け方について調べてみました。

 

「見る イラスト」の画像検索結果

 

 

子どもの年齢によってなりやすい疾患も変わってきます

ここでは、

「痛みが発生しやすい部位」「年齢別」に分けて、

疑われる疾患を一覧にしました。

まずは疑われる病名を知り、

その病名の症状などについて詳しく調べることをおすすめします。

「びっくり イラスト」の画像検索結果

 

子供が、股関節を痛む事で考えられる病名は以下のものがあります。

・大腿骨頭すべり症

・ペルテス病

が考えられます。

 

症状の出方は個人により様々なので、

いろいろな視点からお子様の症状をよくみてあげるようにしてください。

また、子どもの年齢によっても、なりやすい病気かどうか変わってきます。

それぞれの疾患には、なりやすい年齢(好発症年齢)があるためです。

大腿骨頭すべり症の場合は10~14歳の男児に多い特徴があります。

ペルテス病4~7歳(2~12歳に発症)に多い特徴があります。

 

たとえば子供が股関節に痛みを訴え、

その子供の年齢が4歳だった場合では、

一番疑わしいのはペルテになります。

 

このように痛みの場所と年齢によって考えられる症状が変わってきます。

また痛みを感じない股関節の病気には「先天性股関節脱臼」もあります。

生後間もない赤ちゃんに発症に、3~4か月検診で発見できる疾患です。

 

では、子供が股関節の痛みを訴える疾患である

「大腿骨頭すべり症」「ペルテス病」

について詳しくみていきましょう。

 

・大腿骨頭すべり症(10代の男児に多い股関節の病気)について

太もものつけ根にある「大腿骨頭」の軟骨関節で骨同士が直接こすれないように、

骨の表面についている組織。衝撃を吸収したり、

関節が滑らかに動くのに必要な部分がずれた状態です。

 

・股関節の痛み、ひざ・かかと・おしりの痛みの場合もあり

・歩き方の異常(足を引きづる、足を外側に回しながら歩く)

・足の曲げ伸ばしがうまくできない

(仰向けになって膝を曲げたときに、膝が外側へ開く)

股関節を内側にひねると痛みを訴える

 

特徴的なのは、子供さんは大腿骨頭すべり症で、

股関節の病気なのにもかかわらず、

大腿部や、膝の痛みを訴え、

大腿部や膝の治療を受けるケースがしばしば見受けられます。

子供の股関節の病気の中では、頻度は少ないものの、

長期間罹病すると、滑りが行動にある傾向が強いので、

早期発見、早期治療が大切です。

大腿骨頭すべり症はなぜ起こるのでしょうか?

 

考えられる原因は2つあります。

一つ目は、ホルモンが原因となり、

骨端線(成長軟骨)の力学的強度の低下(脆弱化)をひき起こしているといわれています。 その原因となるホルモンは成長ホルモン性ホルモンです。

成長ホルモンは骨を成長させる働きがあります

一方、性ホルモンは、

これらの増えた子供の骨(軟骨細胞)を

硬い大人の骨に成熟させる働きがあります。

これらのホルモンの分泌が不均衡

(成長ホルモンの旺盛な分泌と、性ホルモンの不足)

が力学的強度の低下を引き起こしているといわれています。

二つ目は、力学的負荷の増加が原因であるといわれています。

身体のバランスが崩れることにより、通常よりも負担がかかることが考えられます。
また、体重の増加や運動量の増加が関与しているとされており、

比較的肥満体形の子供さんに多く発症している傾向があります。

 

 

・ペルテスについて

「ペルテス病」は、

いつの間にか大腿骨骨頭(だいたいこつこっとう)

という太ももの骨の頭が「一時的に壊死(えし)」を起こす病気です。

主に特に4~9歳頃の男の子に多く発症します。

骨の成長に必要な骨端部分への血流が滞ってしまう「骨端症」です。

骨端症になると、

何らかの原因で骨端部分に血流が途絶えて栄養が行き渡らなくなり、

骨頭部分が壊死状態になってしまいます。

 

なぜ血流が滞ってしまうのかは、

まだ解明されていません。

発見が遅れると治療が長引いたり、

状態によっては変形性股関節症になってしまう場合もあります。

 

早期発見、治療をすれば2~3年で回復することが多いため、

治る病気とされていますが、

適切な治療をしない場合は骨頭の変形が残ることがあるため、

長期的な観察が必要な病気です。

 

 

「ペルテス病にはこのような症状があります。」

・太ももや股関節の痛み、動きが悪い
・股関節から膝にかけての痛み
・足を引きずって歩く(跛行:はこう)
・あぐらがかけない
・重症化すると跛行が酷くなり歩けない
・ほとんどが片足に起こるが両足に起こることもある
・症状が進むと悪い方の足が細く、短くなる

ペルテス病の症状には個人差があり、

急ではなく少しずつ出ることが多いため気づきにくいことがあります。

 

ペルテス病は少しずつ進行し、痛みも跛行も一旦出た後に薄れ、

しばらくしてまた出現するなどを繰り返すことが多くあります。

膝の痛みを訴えることもあるため、

成長痛や筋肉痛、膝の疾患と間違えることがあり、

股関節の病変に気づくことが遅れる場合があります。

「股関節が痛くて歩けない」という頃には重症化しているケースが多いため、

子供が痛みを訴えなくても、

足をひきずって歩く跛行が見られたらペルテス病を疑う必要があります。

 

これらのように「大腿骨頭すべり症」「ペルテス病」早期発見、早期治療とともに

予防することが大切になってきます。

・骨盤矯正で身体の歪みを整える事

・定期的に身体を動かす事

・しっかりと睡眠をとること

・栄養をバランスよくとることなどで

健康な体をつくっていきましょう。

 

身体のバランスを整えたい方

   →最先端のまはろ式骨盤矯正を!

 

愛西市、津島市で口コミNo.1接骨院とは?

 →痛みの出にくい身体作りを!

 

 

 

柔道整復師、鍼灸師、マッサージ師さん、みんな集まれー。

2015年10月26日

先日も、今日も当院に学生さんからの問い合わせがありました。

内容は『見学させて下さい』との連絡…。

imageimage

学生さんが院に来て言うことは、先ずは『綺麗ですね』 ←これ、スタッフに対する一番の褒め言葉。

次に、院が大きいですね。当院は敷地が300坪、建物も100坪と巨大接骨院。

巨大接骨院だから、学べることがたくさんあります。

 

当院の主な事業所は以下の6部門

①まはろ接骨院

②MAHALO ケア サービス ( 居宅介護支援事業所 )

③MAHALO リハビリテーション  ( 通所介護事業所 )

④デイサービス まはろ (1日リハビリ重視型デイサービス)

⑤まはろ ライフコーディネート  ( 住宅改修事業所 )

⑥まはろ美容整体  (小顔矯正)

imageDSC00131

 

学生さんに見学時に話すことは、当院はいろんな部門があり学べることは他のどこよりもたくさんあります…。

しかし、それ以上にケガの患者さんに対してしっかりと処置する。特にギプス固定をしっかり巻くことを大切にしています。

エコー装置で外傷の程度を観察した後、骨折の場合は近隣の医師に対診をお願いします。

もちろん、その時もしっかりギプス固定をします。

 IMG_3700

 

当院はなぜ????ギプス固定をするか。

それは、ズバリ!!!!『早期回復・現場復帰』です。

当院は骨盤矯正・頭痛治療・小顔矯正もやりますが、メインは外傷を診ること。

ギプス固定は私たちにとって必要不可欠な手技です。ギプス固定無くして外傷はできません。

 

柔道整復師は、ケガのスペシャリストのはずが、保険が効くマッサージ屋さんだと思われる傾向があります。

本来、家族、同級生、地域の方から誇りを持った仕事のはずが、これでは何の為に免許取得したのか夢も希望もありません。

 

学生問わず、柔道整復師、鍼灸師、マッサージ師さんの見学者を随時募集しています。

業界の先々に不安を感じている人、マッサージしてばかりでこの先10年大丈夫かと思っている人

是非、まはろ接骨院に見学に来てください。必ず、これから先に希望が持てますよ。

imageimage

 

 

☆何度も同じ痛みでお悩みの方

根本改善に自信あり!人気No.1のまはろ接骨院へぜひ!

☆交通事故でお悩みの方

治療はもちろん、保険のことまで全面サポート!まはろ接骨院にすべてお任せ!

☆女性必見!夢を叶えることのできる整体!

⇒無痛の小顔矯正!

⇒戻りにくい骨盤ダイエット!是非試してみてください!

 

 

まはろ恒例 ~BBQ大会~

2015年09月1日

皆さん、こんにちは。粕谷です。

8月の後半から暑い日や雨の影響で肌寒い日などありますが、みなさんは体調など崩されていませんか。

学生さんは今日から学校が始まったので期末テストの勉強や部活動など頑張ってくださいね。

スポーツの秋!!とも言われ涼しくなり動きやすい時期になってくるので運動を始める方も多いと思いますがケガには注意してください。

けがしてしまった場合は無理せず患部を冷やし、当院へ相談して下さい。全力でまはろ接骨院スタッフ一同でサポートさせて頂きます。

さて、話は変わりますがまはろグループでは三か月に一回のペースで歓迎会や送別会、勉強会を兼ねて飲み会やイベントごとを行っています。誕生日のスタッフには院長から商品券も必ずもらえます。

image

今回は新しく入ったスタッフ二人と惜しくも今月で退職するスタッフの歓迎会&送別会をまはろでBBQ大会として行いました。

スタッフの子供さんも参加するなど、とても賑やかな会になりました。

藤谷宴会部長による司会進行で始まり、簡単なゲームやまはろクイズ、ビンゴ大会などの催しもあり、子供さんともみんなが仲良くなれたように思います。

 

imageimageimageimage

 

 

 

個人的には子ども好きなのに、小さい子供さんに泣かれてしまうのでスタッフの子供さんに泣かれないか心配でしたが、どの子にも泣かれず一安心でした。

BBQもおいしいお肉を食べ、ビールを飲んでみんなの笑顔が見れてとても満足しています。

これからもスタッフ交流を兼ねた飲み会やイベントを開催していきたいと思います。