骨盤矯正
施術体験ブログ

寝たはずなのに朝がすっきりしないのはなぜ?

2018年07月25日

突然ですが、みなさんもこんな経験はありませんか?

・しっかり寝たはずなのに朝がスッキリしない。

・疲れがなかなか取れず、常に体が重い。

・疲れているはずなのに夜が寝られない。

 

 

暑いから仕方ない、、、

年のせいだから仕方ない、、、

と思われている方も多くいらっしゃいます。

 

 

でも今まで何もなかったのに

なぜこの様な症状が起こってくるのでしょうか?

それは身体のゆがみが原因で

起こっているかもしれません…

 

 

身体がゆがむことによって

・神経の通る隙間が狭くなり神経を圧迫
・血液の循環が悪くなる
・疲労が取れにくくなる

など様々な事を引き起こします。

 

 

神経の中でも自律神経が圧迫されてしまうと

頭痛や肩こり、眼精疲労の元になります。

なので身体がゆがみ、自立神経の通り道が狭くなると

・体調不良
・疲れが取れにくい
・朝の目覚めが悪い

などの症状を引き起こしてしまうのです。

 

 

では、どのようにしていけばいいのでしょうか?

先ず大事になってくるのが身体のゆがみを整えることです。

ゆがみを整えることで症状が改善させます。

 

まはろ接骨院では今の状態を知るために姿勢測定をおこないます。

患者様がどうなっているのか。

どこがゆがんでいるのか。

をしっかりと説明させていただきます。

 

 

ゆがみを把握したうえで「無痛の骨盤矯正」を行い、

身体のゆがみを改善します。

しっかりと歪みを整えることで、体の不調もなくなり

日常生活を楽に過ごしていただくことができます^^

 

まずは体全体のゆがみを骨盤矯正でしっかり整えます。

次にまはろ接骨院では「姿勢矯正、猫背矯正」

オススメさせていただいております。

 

なぜ、姿勢矯正をするのでしょうか?

身体のゆがみを整えるだけではいけないのでしょうか?

姿勢が悪いままだと身体はゆがんでしまいます。

せっかく骨盤矯正で整えた身体が少しずつですが

元に戻ってしまうのです。

なので「姿勢矯正、猫背矯正」をオススメしています。

 

 

猫背矯正では首、肩甲骨、肩を中心に

硬くなっている筋肉を柔らかくするするためにストレッチや

肩甲骨周りの動きをしっかりと出すように矯正していきます。

そうすることで前傾姿勢や猫背、なで肩といった姿勢不良が

改善されていきます。

 

「骨盤矯正」でゆがみを整える。

「猫背矯正」でゆがみにくい身体作りをする。

二つの治療を組み合わせることによってまはろ接骨院は

根本改善、根本治療を提供したいと考えています。

ただ痛みを取る。だけでなく

痛みを繰り返さないようにする。

患者様としっかりどうなりたいか、

今後どうなっていきたいのかを話して決めていきます。

 

 

愛西市、津島市、稲沢市周辺にお住まいの方で

・慢性的な痛みを抱えている方

・最近体に不調を感じている方

・姿勢不良を気にされている方

など体のことであれば何でもご相談ください。

全力でサポートさせていただきます。

 

 

まはろ接骨院は7月25日に

「あま甚目寺院」 愛知県あま市森2-1-3

をオープンしました。

接骨院、美容整体WELINA共に診療しています。

新しくできた院も本院も

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

どこに行っても治らなかった痛みのご相談は

 →津島市、愛西市口コミNo.1まはろ接骨院

身体の歪み、バランスが気になる方!

 →無痛、即効性が高いまはろ式骨盤矯正

 

 

夜も眠れないほど痛い五十肩について!

2018年05月16日

今回は夜もぐっすり眠ることができない程痛い五十肩」について説明をいたします。

 

多くの方が五十肩の名前の由来を

 

・「50代に発症するから」

 

・「肩が50度しか上がらないから」

 

・「関節の50%しか動かないから」

 

とイメージしている方が多いですが・・・

 

《五十肩という名前は保険病名として認められてません。》

 

 

 

「肩関節周囲炎」という診断をされます。

 

※四十肩も五十肩と同じ肩関節周囲炎と診断されます。

 

肩関節周囲炎(五十肩)になる原因ははっきりとわかっていません。

まず肩関節は骨と骨だけのつながりではとても不安定な関節です。

その不安定を補うために肩周りに関節包や強度な腱板があり

肩の安定性を高めてくれています。

ですが中年以降になると、

肩を安定させている組織がだんだんと衰えていきます。

衰えていく中で、肩を酷使することで炎症を生じやすくなっています。

そこで痛みや可動域制限があるものを肩関節周囲炎(五十肩)

と呼んでいるのです。

 

四十肩・五十肩の主な症状はこれらのようなものがあります!!!!

・肩がこわばっている

・肩を動かすと痛む

・腕を動かそうとしたときに肩が激しく痛む

・腕を上げられない

・腕が後ろに回しにくい

・寝返りを打つと肩が痛い

 

 

などなどさまざまな症状があります。

 

『ではどのような人が四十肩・五十肩になりやすいのでしょうか?』

 

・過去に病気やケガの経験がある人

 

特に腰を悪くした経験がある人が注意しましょう。

腰が悪いと体全体のバランスが悪くなり、

無意識のうちにどちらか半側に重心が偏ってしまう事にで

 

・猫背の人

 

猫背にしていると、重心が前のめりになるため体にゆがみが生じやすくなります。

特にハイヒールを履いている人は猫背になりやすいです。

 

バッグを肩にかけている人も自然と肩を上げてしまうため、

肩に負担をかけています。

バッグをかけるほうの肩に四十肩・五十肩を発症する可能性が高いといえます。

また、パソコンやスマホ、携帯の利用時間が長いと

猫背になりやすいので気をつけましょう。

20代や30代で四十肩・五十肩を発症する人の多くが、

仕事で一日中パソコンに向かっていることが多いです。

 

 

これらのように、姿勢の悪さは四十肩・五十肩を招きます。

 

 

・普段から肩甲骨を動かさない人

肩甲骨を使っていない方は

肩甲骨を固定し、肩を支点に腕を使いがちです。

そうした使い方を続けていると、肩に負担がかかってしまうため、四十肩、五十肩になりやすくなります。

普段から肩甲骨のストレッチをして柔軟性を高めましょう。

 

(このようにタオルを頭の上で持ちそのまま首元まで動かします)

 

では四十肩、五十肩になってしまったらどうしたらいいのでしょうか?

 

・痛みが発症したばかりの「急性期」

・痛みが鈍くなり半年以降経過した「慢性期」

・痛みがほとんどなくなりリハビリに最適な「回復期」の3つの分類があります。

 

「急性期」・・・

まず痛みが発症したばかりの「急性期」は、激しい痛みが特徴です。

この時期は極力肩を使わないようにして、安静にすることが第一です

 

「慢性期」・・・

急性期の痛みが治まってくると、

鈍い痛みへと変わり、肩が上がり難くなるなど可動域がだんだんと狭くなってきます。

これは急性期に起きた炎症の影響で、

筋肉が委縮して固くなっているからです。

着替えや洗髪が上手くできないなど

日常生活に支障をきたす時期でもあります。

慢性期は半年から1年続くこともあり、

痛みを感じない程度の適度なストレッチも有効です。

しかし、痛みが減ったからと言って無理をすると、

痛みがぶり返すことがあるので要注意してください。

(※五十肩に良く効くストレッチです。)

 

「回復期」・・

痛みがほとんどなくなり、リハビリに最適な時期です。

ここで可動域を広げる運動を怠ると、

四十肩・五十肩が治ったあとも、

肩関節の動ける範囲がだんだん狭くなってしまうこともあります。

ラジオ体操や簡単なストレッチ、骨盤矯正や猫背矯正を行い、

慢性期以降に肩を動かすことを意識して、しっかりリハビリを行いましょう。

 

 

 

 

 

 

五十肩が治るまでに、どのぐらいかかるの???

 

 

早い人で3ヶ月~半年、長い人は1年ぐらいかかります。

中でも運動制限が非常に強い人は、長くかかる傾向があるようです。

このように痛みが治り、肩を動かせるまでに、

長い期間がかかってしまいます。

症状が発症しない為にも、しっかりとセルフケアを

行いながら自己管理を行っていきましょう!!!

 

 

五十肩の原因である猫背が気になる方!!!

 →是非まはろ接骨院の猫背矯正を!!

 

身体の歪み、バランスが気になる方!

 →無痛、即効性が高いまはろ式骨盤矯正