施術体験ブログ

急に来る半月板損傷~膝痛の原因~

2018年10月22日

今回はスポーツをしている方、中高年の方に特に多い半月板損傷について書きました!

まずは半月板について簡単にお話させていただきます!

半月板とは・・・

膝関節の間にある軟骨様の板で内側と外側にそれぞれ一つずつあります。

膝関節の間にクッションがあるイメージです。

半月板の役割

①関節の適合性を良好にする

②緩衝作用

③可動域を適正に保つ

④関節内圧を均等化する

⑤滑液を分散させる

半月板損傷の原因

スポーツによる損傷(ジャンプや方向転換を行う種目に特に多い)

スポーツで半月板を損傷する場合には、体重が加わった状態での捻りや衝撃により起こる場合が多く、その際に膝の靭帯も合併して損傷する場合もあります。

 

②加齢による半月板損傷

40歳を過ぎると半月板が変性してきます。そのため、立ち上げる動作など軽微な外力で損傷する場合もあります。

 

また膝は、体の中でも特に体重による負荷が大きくかかる箇所で体の歪み、バランスが悪いと、膝に10倍以上の負荷がかかることもあります。

 

③円板状半月板

正常では三日月状である半月板が先天的に円板状を呈するもので、正常の半月板よりも損傷しやすく、小児に多いです。  

 

半月板損傷の症状

〇受傷時

・体重をかけて膝を捻る動作での痛みがある

〇一定期間後

・運動時の痛み・運動後の関節水腫

〇数時間後

・関節腫脹(関節血症)・膝の引っ掛かり感やクッリク感(コキッという異常音)・可動域制限(膝の曲げ伸ばし)・ロッキング

などの症状があります。

 

※半月板損傷の診断には、MRIが有用で靭帯損傷の合併の有無も確認できる。

治療・予防

半月板損傷が軽度の場合は、膝を極力使わないように安静にしつつ、サポーターで固定します。

手術の場合は破損した半月板を縫合したり、切除したりします。

 

予防としては、半月板損傷は急性のケガであるため完全な予防は難しいですが、準備運動をしっかりとすることが大切です。

当院では、

①骨盤矯正で片方の膝にだけ負担がかからないように身体の歪み・バランスを改善!

②JOYトレで軸となる体幹部分のインナーマッスルを強化!

ボディーベーション9月から新しくスタートしたトレーニングで、膝に負担がかかる身体の動き方を正しい動きに改善!

膝をケガする場合でも、膝だけが原因ではなく股関節・足関節が正しく動かすことが出来なくて膝に負担がかかる場合も多いです。

なので膝に負担がかからない本来の正しい身体にすることでケガの予防・パフォーマンスアップにつながります!

 

 

身体のケガはいつ起こるか分かりません。もちろんケガをした後の早めの治療も大切ですが、ケガにならないための予防治療も大切なのでぜひ気になる方はまはろ接骨までよろしくお願いいたします!!

 

・膝が痛くてお悩みの方

→スポーツ外傷に強いまはろ接骨院に!!!

・体のバランス、骨盤の歪みが気になる方

→まはろ接骨院の骨盤矯正!!!

 

お腹のたるみをどうしよう。。。そうだ!インナーマッスルを鍛えよう!

2018年10月16日

今回はまはろ接骨院でも多くの患者様にご利用いただいている

インナーマッスルトレーニング 「JOYトレ」を紹介します。

「インナーマッスルは聞いたことあるけどイマイチ分からない。」

「普通の腹筋と何が違うのかわからない。」

そんな印象なのではないでしょうか?

 

 

インナーマッスルの効果としては

・姿勢が良くなる
・ポッコリお腹が改善される
・代謝が良くなる
・便通が良くなる

などなどいいこといいことが尽くし!

 

 

インナーマッスルは腹筋の奥、

体の奥深くにある筋肉の総称だと考えてください。

そのため「深層筋」と呼ばれています。

いくつから筋肉からなる部分で身体を支える土台となる

大事な筋肉になります。

 

 

ではインナーマッスルとはどのような働きをしているのでしょうか?

 

姿勢の調整

インナーマッスルは姿勢と大きく関係している筋肉です。

インナーマッスルがあることによって骨盤が支えられ、

正しい位置で骨盤をキープすることができます。

腰痛で悩んでいる方では、

骨盤が正しい位置にあると、腰にかかる負担が軽減され、腰痛が改善されます。

 

 

・インナーマッスルが足りないと・・・

 

 

姿勢が悪くなり骨盤が歪む

骨盤、背骨を正しい位置に固定することができず、

姿勢が悪くなり猫背などになります。

そして、骨盤が歪むとキレイに歩くことができなくなり、

足の関節にも大きな負担をかけてしまいます。

 

また、骨盤が歪む事で、腰にかかる負担が増え、

腰痛の原因にも繋がってきます。

腰痛があり、骨盤矯正などの治療をした場合、

治療してすぐは痛みが和らぎますが、インナーマッスルが少ないと、

骨盤矯正で正しい位置に戻った骨盤を維持する事ができずに、

数日経つと腰痛が再発してしまう可能性が高くなってしまいます。

 

~インナーマッスルを鍛えるメリット~

ぽっこりお腹の解消

ぽっこりお腹の原因はインナーマッスルの衰えによる内臓下垂だと言われています。

お腹に力を入れることができず後ろ銃身になってしまうと

さらにお腹が出ているような見え方をしてしまいます。

しっかりとインナーマッスルを鍛えることで

お腹を引っ込めることができます。

 

 

便通が良くなる

悪い姿勢は臓にも影響を与えます

腹筋に力を入れる感覚のない方は腹圧をかけることができず

踏ん張ることができなくなってしまいます。

JOYトレをすることで腸の動きもよくなり

力を入れることができるようになることで便秘も改善されます。

 

「姿勢不良 イラスト」の画像検索結果

 

冷え性

代謝が汗をかかない人の多くは冷え性になっている人が多くいます。

インナーマッスルは代謝を上げる筋肉でもあり

鍛えることで身体の内側からぽかぽかしてきます。

そうすることで身体全体が暖かくなり、

血液の循環もよくなり冷え性も改善されます

 

姿勢改善

インナーマッスルが衰えると、

関節が固定できなくなり、徐々に姿勢が悪くなり猫背などの原因になります。

ですが、インナーマッスルには本来、

関節を正しい位置に固定し姿勢をキレイに保つ役割があります。

そのため、インナーマッスルを鍛えなおすことで、

○猫背姿勢のを改善をして

きれいな姿勢になることができます。

○骨盤の歪みが正しくなることで

腰痛を防ぐことをできます。

などなど、いかがでしょうか?インナーマッスルを鍛えれば、

身体に色々な効果を与えることができます。

 

 

 

まはろ接骨院では、インナーマッスルを鍛える「JOYトレ」と言う機械を取り入れております。

30分寝ているだけでインナーマッスルを鍛えることができます!

興味ある方、是非まはろ接骨院にご連絡ください。

 

どこにいっても体の痛みが治らない方

→インナーマッスルを鍛える特殊な機械があるまはろ接骨院へ

 

愛西市、津島市で骨盤の歪みが気になる方

→骨盤矯正ができるまはろ接骨院へ

顔の歪みの原因は?小顔矯正で左右対称に!?

2018年10月15日

今回は、当院でもお悩みの多い

『顔の歪み』

についてお話をしていきたいと思います!!

 

 

みなさんは、このような事を感じたことはないでしょうか?

 

「年々顔が大きくなってきた」

「顔が左右非対称だ」

「自分の顔を写真で見てショックを受けた」

 

など、これは顔の歪みが原因かもしれません。

 

 

顔の歪みの原因

顔の歪みの原因は実は日常生活の中にあります。

では、どんな習慣がよくないのでしょうか?詳しくご説明していきます。

 

 

噛み癖・食いしばり

フェイスラインに手を添えて、奥歯をぐっと噛みしめてみてください。

エラのあたりがボコッと固くなるのがわかりますか?

ここに、咬筋といって、咀嚼する際に使う筋肉があります。

いつも片側ばかりで食べ物を噛んでいると、片側の顔の筋肉ばかり使われてしまい、よく噛む方の筋肉が発達します。

そうすると、あまり嚙まない側の筋肉は弱くなり、顔の左右で筋肉のバランスが崩れます。

 

食いしばりや睡眠中の歯ぎしりがある方も要注意です!

常にぐっと力がはいった状態だと、咬筋の過剰発達が起き、エラがはれたように大きくみえてしまいます。

 

 

 

寝る姿勢

うつ伏せや横向きで寝ると顔に負担がかかります。

顔を横にした状態で寝ていると、たるみやしわの原因です。

理想の寝方は仰向けです!

また、体に合わないマットレスや枕で寝ていると、寝返りがうまく打てず、長時間一定の場所に負荷がかかってしまい、顔や体の歪み、腰痛、血行不良を引き起こします。

 

 

 

頬杖を付く

頭の重さは成人で約4~8kgあります。

ボウリングの球くらいの重さがあります!頬杖をついていると、その部分に負荷がかかり顔を歪ませてしまいます。

 

 

 

スマホやPCの長時間利用

手と同じように、目にも利き目というものがあります。

長時間のスマホ・PC利用は目の筋肉を疲れさせてしまい、片側の目がおもく、ひらきにくくなってしまうことがあります。

 

スマホを利用する際は、明るい室内で適度に休憩しながら使用してください。

 

 

 

体の歪み

頭は体の一番上にあります!

ビルで例えると屋上にあたります。もし、体に歪みがあると、その歪みが顔にも影響し、顔の歪みにつながります。

  

 

 

顔の歪みは小顔矯正で改善します!!

 

☟お顔の歪み、フェイスラインのもたつきでお悩みのお客様

beforeのお写真を見ると、特に右側がふくらんでいますね。フェイスラインのもたつきや、目の開きも左右で違うことに悩んでいました。

小顔矯正の施術後は、左右のバランスがよくなり、お顔がだいぶ小さくなりました!!

横幅もかなりスッキリしています☆

 

 

☟産後、お顔が四角くなった、というお客様

産後にお顔が大きくなり、以前よりほほやエラがでて四角っぽくなってしまった・・・というお客様です。

施術後は頭のハチもまるくなり、ほほ骨の出っ張り、エラもシャープになっています。

綺麗な卵型のお顔です♪

 

 

 

最後に・・・

顔が歪む原因は普段の何気ないクセや日常生活の中にあります。

まずは日常生活クセ習慣を見直し、改善することが大切です。

 

お顔のお悩みが気になる方は小顔矯正を体験してください。

少しでもお悩みが解消できるよう、おひとりおひとりに向き合っていきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました(#^.^#)

 

 

お試し3,240円キャンペーン実施中!

疑問や不安はお試しのカウンセリングの際にしっかり伺います!!

お問い合わせはお電話、LINE@でお気軽に♪

 

美容整体WELINA

☎(0567)-69-5012

 

名古屋市・県外からも来院多数→まはろ小顔矯正HP

 

腰が痛いだけじゃない!足全体に起こるしびれの原因とは

2018年10月1日

腰痛といっても腰の痛みだけではなく、お尻や太ももの後ろ、すね・足先にまで痛みが出現したり、しびれが起こったりしていませんか?

今回は普段の生活に必ず支障をきたしてしまうそんな腰痛によってのしびれの原因・予防・改善策についてご説明いたします!

まず初めに皆さんこういった姿勢をソファや椅子でとられたりしていませんか?

仕事で疲れて帰ってきて休もうと思ったときや普段での座り方、家事が一段落ついて休もうと思った瞬間にこういった姿勢をとってしまう方は結構いるのではないかと思います。

少しでも楽な姿勢をとろうとした時は必ず悪い姿勢をとってしまいがちです。

それによって腰に負担がかかり腰痛が発生することも少なくはないと思います。

腰痛がひどくなってくるとしびれまで引き起こすこともあるでしょう。

今回はそのしびれの原因をまずは説明します。

しびれと言っても足全体に起こるしびれなのかそれとも親指だったり、足の外側だけがしびれたりしているのか様々あるのですが、今回説明するのは足全体に起こるしびれについてです。

足全体に起こるしびれの症状を「坐骨神経痛」といいます。

   

では、この坐骨神経痛の原因とはなんなのか

まず坐骨神経とはなんなのかといいますと、人体の中で最も太く、長い末梢神経で腰のあたりから爪先まで伸びている神経です。

 

この神経が圧迫されると、腰やお尻・太もも、ふくらはぎや足先といった広範囲にピリピリとしたしびれ強く張っている感じの症状が出現します。

坐骨神経痛は疾患ではなく原因がはっきりと特定できる場合、症状の一つとして扱われます。その原因となる疾患とは「腰椎椎間板ヘルニア」「腰部脊柱管狭窄症」などが挙げられます。ただ検査をしても原因が見当たらない場合は「坐骨神経痛」が病名となります。

ではこの2つの疾患とはどういったものなのでしょうか。

腰椎椎間板ヘルニア

背骨は椎体という骨がたくさん連なって構成されています。この椎体と椎体の間には、クッションの働きをする椎間板という軟骨が存在します。この椎間板が長時間同じ姿勢をとっていたり重たい荷物を急に持ち上げることによって潰されたりはみだしたりしてしまうことによって神経を圧迫し、坐骨神経痛を起こしてしまう原因となります。

 

腰部脊柱管狭窄症

脊柱管は背骨の中央にあり、脊髄とそれにつながる神経通っています。多くの場合加齢に伴って腰の部分にある椎体が変形し、脊柱管が狭くなることによって神経を圧迫し、腰の痛みや足のしびれの原因となってきます。

 

この他にも梨状筋症候群や腰椎分離症・すべり症、外傷による圧迫やアルコール依存症、喫煙、ストレスなどによっても起こる場合があります。

症状の改善

坐骨神経痛を改善する方法としては発症の原因でもあった長時間同じ姿勢をとらないことなるべく重たいもの持たずに腰への負担をなくすこと腰周辺の筋肉を鍛え、腰にかかる負担を筋肉でまかなったりすることが大切です。

予防

坐骨神経痛がおこらないように予防するためにはしっかりとした正しい姿勢で椅子に腰掛けたり、腰周辺の筋肉のストレッチを行ったりすることも予防の一つです。

  

また当院の治療の一つである骨盤矯正姿勢の改善使えてない関節の動きを出すことも腰への負担を軽くするので是非当院へお越しいただき腰痛の予防、症状の改善をしていきましょう!

また、腰周辺の筋肉をしっかりと鍛えれる機械も完備していますので是非まはろ接骨院へお越しください!!

 

~10月休診日のお知らせ あま甚目寺院~

2018年10月1日

暑い夏も過ぎ、過ごしやすい天気になってきましたね。

秋といえば「スポーツの秋、食事の秋、読書の秋」と言われて

いますが皆様は何をしてお過ごしになられますか。

涼しくなり運動もしやすくなりますが、くれぐれもけがにはお気を付けください。

 

皆様にご連絡です。

・まはろ接骨院    [あま甚目寺院]

・美容整体WELINA   [あま甚目寺院]

共に一部診療日を変更させていただきます。

※あま甚目寺院のみ水曜日は不定休とさせていただいております。

10月は3日ほど水曜日をお休みいただきます。

 

※愛西院は通常診療しておりますので

お間違えのないようにお越しください。

 

 

 

10月の診療日の変更

10月  3日(第1水曜日)

    17日(第3水曜日)

    24日(第4水曜日)

の3日間をお休みとさせていただきます。

皆様にはご迷惑をお掛け致しますがよろしくお願い致します。

 

 

毎月早めにお休みの連絡をさせていただきます。

10月も元気で皆様のお身体のお悩みを

解決できるようにサポートさせていただきますので

今後ともよろしくお願い致します。

 

9月、10月は暗くなるのも早く、視界も悪く

交通事故が増えますので皆様お気をつけください!

小さな交通事故でも身体の治療や保険の相談など行っております。

ご家族様、友人、近所の方、同じ職場の方などで

悩まれている方がいらっしゃいましたら、ご紹介ください!

 

まはろ接骨院HP

⇒お身体で気になることがある方はぜひ