施術体験ブログ

柔道整復師最大の武器”ギプス固定”

2018年04月17日

今回のブログはあまり知られていない『ギプス固定』についてお話します。

 

まず接骨院で『骨折』や『捻挫』の早期回復を図るために

『ギプス固定』が行えることはご存知でしょうか?

 

みなさんの中に、接骨院は『保険が使えるマッサージ屋さん』。

骨折や捻挫をしてしまったら整形外科に行かなければみてもらえない。

と思い込んでいる方が、少なからずお見えになると思います。

もちろん当院では筋肉をほぐしたり、身体のバランスを整えるために

保険適応外で筋肉マッサージや骨盤矯正を行っておりますが、

そもそも我々『柔道整復師』の本来の業務は、

『骨折』、『脱臼』、『打撲』、『捻挫』など急性外傷に対する治療なのです。

 

 

そのために柔道整復師養成学校時代には、

骨折や捻挫について細かな症状や治療方法まで勉強し、

『ギプス固定』の実技訓練や認定試験を受け、

しっかりとした知識と技術を身に着けています。

また専門学校卒業後も、様々な勉強会に参加しており、

技術や治療法などの最新情報を取り入れる努力をしています。

いわば柔道整復師にとって『ギプス固定』は

”伝家の宝刀”というくらい、最大の武器なのです。

 

 

★ではどのようなケースでギプス固定を行うのか?

 

当院でギプス固定を行うケガは『足首の捻挫』が大半を占めています。

足首の捻挫と聞くと、、

『軽く捻挫しただけでギプス固定は必要?』と思う方がいると思います。

なかには、捻挫をした後、安静にしてアイシングをしていたら、

すぐに治ったという方もいるかもしれません。

しかし、足首の捻挫を甘く考えていると、何年か経ってから痛くなったり、

今後何度も捻挫を繰り返してしまうなど、予後が非常に悪くなります。

実際に今捻挫をしてしまいお見えなっている患者様の中にも、

昔、捻挫したところが今になって痛くなってきたと、お悩みの方が見えます。

捻挫は初期治療の内容がとても重要になってきます。

しっかりとした固定を行い、適切な治療をすることが大切なのです。

 

 

また当院が捻挫に対して施しているギプス固定には大きな特徴があります。

それは、『松葉杖なしで歩行が可能』ということです。

みなさんギプス固定と聞くと、

松葉杖で大変そうに歩いているのを想像するかと思います。

しかし当院が行うギプス固定は違います。

踵の部分に『ヒール』をつけるという特殊な加工を施し、

患者様に松葉杖なしで歩いていただくことをテーマにしています。

 

 

なぜ捻挫をしてすぐに歩いていただくのかというと、

歩いて関節に適切な刺激を与えることにより、

人間が本来持っている自己治癒力を、最大限に発揮させることができるからです。

なので、松葉杖で足を着かずに歩くよりも早期回復が可能となります。

この固定により1週間前後でギプスを外し、通常の歩行をすることが可能です。

 

当院に実際に捻挫で通ってくださっていた患者様の中にも

高校野球の練習中に足首を捻挫してしまい、

2週間後に最後の大会があるので早く治してほしい。と訴えられた方がみえました。

その患者様にも、この歩くことができるギプス固定を施したら、

無事大会に間に合ったというケースがあります。

 

また当院ではギプス固定をする前に、エコー画像観察装置を用いて、

靭帯損傷以外に『骨折』がないかを判断しています。

もし骨折の可能性がある場合は、取り外し可能なギプスで応急固定を施し、

提携している近隣の整形外科に、ご紹介をさせていただいております。

 

 

特にこれからの時期、部活動では新チーム結成にあたり、

走り込みや慣れない環境で、捻挫をしてしまう可能性が高くなってきます。

愛西市、津島市、稲沢市で捻挫でお悩みの方、

大会前などで一刻も早く捻挫を治したい方、

捻挫を今後繰り返したくない方、

ぜひ1度、まはろ接骨院へお越しください!!

 

ギプス固定は高い知識と技術を要するため、

ギプスを巻かずに松葉杖だけを貸し出して

整形外科に紹介する接骨院が増えている、ということをよく耳にしますが、

当院はそのようなことは一切ございません。

患者様のために常日頃から勉強し、ギプス固定の練習をしているので、

積極的にギプスを巻かさせていただいております!

 

もちろんギプスで固定をして終わりではありません。

捻挫を繰り返さないように身体のバランスを整え、

しっかりと足を動かせられるように、効果的な足の運動も指導し、

捻挫の再発予防に取り組んでいます。

 

また当院では足首の捻挫以外にも、

仕事で手作業の多い方や、家事で忙しい女性に多く見られる、

手の『腱鞘炎』に対しても、積極的にギプス固定を行っています。

腱鞘炎を治すための1番の近道は『患部の安静』です。

テーピングや湿布で様子を見るだけだと長引いてしまう腱鞘炎も、

ギプスでしっかりと固定を施し、安静を保つことで、

約1週間で痛みが取れ、早期回復が可能となるのです!

腱鞘炎でお悩みの方も、ぜひ1度ご相談ください!

 

 

 

愛西市、津島市で外傷に強い接骨院は?

⇒知識・技術に圧倒的な自信のあるまはろ接骨院!