施術体験ブログ

自損事故を起こしてしまった場合はどうすればいいの?

2017年10月2日

今回は交通事故の中でも自損事故について対応例を紹介したいと思います。

以前当院にも通院してくださっていた患者様が自損事故に遭ってしまいました。

愛西市在中のパート勤務をされている30代女性でした。

 

「夜の20時ごろ国道155号線を稲沢市から愛西市に向かうように走行中、スマートフォンを操作していた。

スマートフォンに夢中になり、目の前にあるガードレールに気づかず、そのままガードレールに衝突してしまった。

突然のことで患者様も何が起きたかわからず、しばらく動けなかった。

5分ほどしてから外に出て周りの状況を確認し、まずは警察に連絡

警察が来てから改めて車や周りを確認してみると、ガードレールはへこみ、車もエンジン部分が壊れてしまい、廃車に。

警察と話をしている間にむち打ち症状が出始めたのか、首や腰に痛み、吐き気がするようになり、救急車を呼んでもらい津島の病院に緊急搬送されました。

一日検査入院をしたがレントゲンやMRIには異常はなく、次の日には退院。体の症状としては首のむち打ち症状と腰の痛み、交通事故当初はなかった右手のしびれ。

痛みが残っていたので病院でリハビリを一か月ほど受けていた。

しかしなかなか痛みが改善されず交通事故から一か月経過してから当院に相談。」

 

 

話の要点だけまとめると、、、

・相手のいる事故ではなく自損事故である

・壊れたものは車とガードレール

・警察には届け出をしっかりとしている

・体の症状としては首のムチウチ症状と腰痛、右手のシビレ

・一か月間は病院で治療、その後まはろ接骨院に相談に来てくださった

となります。

 

今回の患者様の交通事故のことを一つ一つわかりやすく解説していきましょう!

 

 

まずは

〇「自損事故でもケガの治療が受けられるのか」

ということから説明していきます。

多くの方から質問を受けることが多いことですが、

車対車、車対自転車のような相手がいるような交通事故出ないと治療は受けられないのでは?

と聞かれることが多いですが今回のような

自損事故でも交通事故治療として治療を受けることが可能です!

今回のような交通事故では相手がいないので自賠責保険を使うことはできません。

患者様が治療を受けるための治療費を負担してくださるのは、皆さんがご加入している任意保険の中にある人身傷害保険特約を使うことで治療を受けることが可能です。

※全員が加入しているわけでもなく、人身傷害特約を使えば必ずしも治療を受けられるわけではありません。

自損事故を起こしてしまったらご自身が加入されている保険会社さんに連絡してください。

もしわからないことや、保険会社さんの話している内容でわからないことがあればいつでもまはろ接骨院にご相談ください。

保険はわからないことも多く、専門用語が入ってくると難しくなることが多いのでいつでもサポートさせていただきます。

※参考までに当院スタッフの車両保険書を記載しておきます。

 

 

次に

〇「壊れてしまった車やガードレールの修理はどうなるのか」

壊れてしまった車やガードレールを自費で治すには相当なお金がかかってしまいます、、、

車を修理するのは任意保険の中にある特約の車両保険

ガードレールを修理するのは任意保険の中にある特約の対物保険

が適応となってきます。

車の修理費用やガードレールの修理費用の金額にもよりますが基本的には保険を使って直すことが多いと思いますのでこういった保険が使えることを覚えておくと、もしもの時に役立ちます。

 

 

〇「警察に届け出をしているか」

交通事故治療を受けるためにはガードレールと衝突してしまったことを警察に連絡して、交通事故としてしっかりと警察に処理してもらうことが大事になってきます。

もしここで自分の判断で警察に連絡をしなかったりして、病院や接骨院を受診しても交通事故治療として認めてもらうことはできません。

必ず交通事故を起こしてしまった場合は警察に連絡してください。

 

 

〇「症状として首のムチウチや腰痛、右手のシビレがある」

車にぶつかってなかったとしてもガードレールに衝突してしまうとかなりの衝撃があったと思います。

今回の患者様は症状がすぐに出たため病院を受診されましたが、どんなに軽度な交通事故でも必ず専門の先生に検査してもらいましょう。

事故自体は軽微だけど、どうしていいかわからなければまはろ接骨院にご相談ください。

症状を聞いたうえでしっかりと体の検査をして、専門医の受診が必要と判断すればまはろ接骨院の方から整形外科の先生を紹介させていただきます。

 

 

〇「病院で一か月リハビリをしてから接骨院に転院してもいいのか」

今回の患者様は一か月間病院でリハビリを受けていましたがあまり症状が改善されず当院に相談してきてくださいました。

ここで大事なポイントになってくるのが二つ

①交通事故から一か月空いているが問題はないのか

②病院から接骨院に転院してもいいのか

 

①全く問題ありません。

病院でリハビリを継続しながら受けているので一か月や二か月は問題なく接骨院でも治療できます

 

②こちらも問題ありません。

整形外科の先生や保険会社の方が接骨院に行ってはいけません。と言われることがあるそうですがそんなことはありませんので安心してください。

基本的に

病院や整形外科は検査、診察をする。

接骨院ではリハビリやムチウチ治療を行う。

と、思っていただけるといいと思います。

 

 

今回の交通事故のようにガードレールや縁石にぶつかってしまってケガをする自損事故は多く起こっていると思います。

自損事故を起こしてしまった人の中でも、身体が痛くても接骨院などで

交通事故治療ができることを知らない人も数多くいらっしゃると思います。

 

 

当院としては数多くの自損事故の方に治療もしており、難しい保険の内容もしっかりと時間を取って患者様にわかりやすいように説明することを心がけています。

交通事故は起こしてしまうと本当にわからないことがたくさんあります。

誰に相談していいのか、どうしたらいいのかわからない、、、

そんな風に悩まれたらいつでもまはろ接骨院にご相談ください。

いつでも全力でサポートさせていただきます。

 

 

わかりやすい!!!!!!交通事故時の対処方法

 → 交通事故は突然起こります

愛西市で交通事故治療ならお任せ下さい!!

 → 無料お悩み相談や法律家も紹介します