施術体験ブログ

交通事故に遭った際の対処方法!

2017年09月22日

「交通事故に遭ってしまったらどうしたらいいでしょうか?」

「交通事故 イラスト」の画像検索結果

順番に説明していきます。

 

 

 

1(人命)

まず、けが人がいないかどうかを確認して下さい。けが人がいる場合は、すぐに119番に電話して、救急車の要請をします。車が自走出来るなら道路の左側に寄せて、後続の車を巻き込まないようにします。

 

2(警察への連絡)

小さな事故でも必ず警察に連絡をします。110番、近くの警察に電話しましょう・・・小さな交通事故だからとか、けがも無いからとか、時間がないからなどという理由で警察に連絡しないまま、示談を進めて、後になって痛みが強くなっても、交通事故として扱ってもらえません。警察に連絡してないと、交通事故証明書を発行してもらえません。必ず届けましょう。

 

3(保険会社への連絡)

自分の保険会社に連絡します。相手の方も保険会社に連絡しましょう。保険会社の担当者に、交通事故の日時、場所、事故の状況、相手の方の氏名・連絡先・相手の車の車種、けがの有無、程度などを報告します。免許証と一緒に自分の加入している自動車保険の控え(保険会社の電話番号など)を持っていると便利です。

 

4(相手の身元、現場の状況確認して記録)

警察や保険会社を待ってるあいだに、相手の方の氏名・電話番号・住所などを聞いておきましょう。あと、車の種類、ナンバー、加入している保険会社なども確認しておきましょう。現場の写真を残しておくのもいいです。また、目撃者がいたら、その方の連絡先をきいておくように。

 

5(医療機関にかかろう)

事故が起きたばかりの時やしばらくの間は、興奮状態のため、痛みが分からない事がありますが、後から、痛みなどが出てくることがあります。できるだけ早く医療機関にかかることが大切です。(一番最初に接骨院・整骨院でも可能です。)なぜ早くかかった方がいいのか?数日たってから医療機関にかかることもできますが、あまり経過すると、交通事故との因果関係がはっきりしなくなるからです。

以上の事に注意しながら進めていきましょう。

 

では、次に交通事故を起こした時によく耳にする保険の事について、説明しましょう。

 

〇自動車保険とは

自動車保険には自賠責保険任意保険の2種類があります。

 

〇自賠責保険とは

自動車やバイク、原動付自転車に乗る時、全ての車は車検が受けてあります。そして全ての運転手が必ず加入しなければならないもので、最低限の補償を備えている保険を「自賠責保険(自動車損害賠償保険)」といいます。自動車損害賠償保険法という法律によって義務付けられています。そのため、「強制保険」ともいわれます。加入していないと、厳しい罰則があります。未加入のまま自動車やバイクを運転すると、

「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」

「運転免許停止処分(違反点数6点)」

自賠責保険証書を車に携帯していない場合は、

「30万円以下の罰金」

となります。必ず加入して車のなかに入れておきましょう。

 

任意保険とは

その名の通り強制的に入る保険ではありません。が、とても大切な保険です。自賠責保険は、最低限の補償であって、十分とは言えません。なぜなら、自賠責保険は相手の身体に対する損害補償のため限度額が決められています。損害額が、上限を超えたしまった場合は、自己負担になります。そんな時任意保険の出番です。任意保険に加入しておけば、上限を超えた部分を補償してくれます。また、自賠責保険で補償出来ない物への補償をしてくれます。相手の車や建物、店舗、電車、線路の破損など。また、特約によっては自分の車の補償もできます。

任意保険の中

(対人賠償保険)自賠責保険の限度額を超えるような損害賠償に対し保険金が払われます。・・・他人への補償になります

「交通事故 ケガ イラスト」の画像検索結果

 

(対物賠償保険)自賠責保険で補償されない他人の車や、損壊してしまった建物などの補償してくれる。

他にもこんな物も補償される事があります。事故がなければ起きなかった損害。車や家屋の修理費、レッカー費、信号などの補修費用。

本来ならば得る事が出来たはずの利益が、事故により失われた損害。商業施設の逸失利益、店舗の売り上げや従業員の給料など。

 

 

(人身傷害保険特約)契約している車に乗っている人が、自動車事故で死亡、後遺障害、ケガ等の場合、保険限度額範囲内で実際の損害額が支払われる保険です。実際にかかった治療費、休業補償、慰謝料などを補償してくれます。示談交渉に関係なく受け取ることができます。(自分の保険から使います)

過失割合に関係なく支払われます。相手が任意保険に未加入でも補てんしてくれるので安心です。この特約はノーカウント事故といわれていて、その後の保険料、等級への影響はしません。

単独事故にも備えることができます。

 

(搭乗者傷害保険特約)契約している車に乗っている人全員を対象に、自動車事故によってうけたケガの内容や、部位によって、決められた金額が払われます。過失割合によって保険金額がかわったりすることはありません。ただし、重大な過失、酒気帯び運転、また、自然災害の場合は支払われません。この特約も、示談を待たずに支払われます。こちらも、ノーカウント事故として扱われます。

 

☆任意保険は加入が義務付けられているものではない為、入るか入らないかはご自身で決めるものです!自分を守る為の【お守り】と思って加入していない方こそ入ってください!

交通事故が起きてから後悔しているようでは意味がありません!

 

9月は交通事故の発生件数が一番多い月と言われています!

最近事故に遭った方、周りで交通事故に遭われた方がいましたら是非まはろ接骨院まで!

交通事故は圧倒的な知識と対処件数が重要になります

全く同じ状況の交通事故などほとんど考えられません。

後遺症で悩まない為にもまはろ接骨院で一緒に治療を行っていきましょう!!

全力サポートします!

 

交通事故でお悩みの方

 →まはろ接骨院にご相談ください!

交通事故の対処方法

 →動画でわかりやすく説明してくださってます