施術体験ブログ

一度は聞いたことがある「産後骨盤矯正」って何?

2018年06月30日

今回の皆さんが一度は聞いたことがある

《骨盤矯正・産後骨盤矯正》とはどのようなものかを説明していきます。

まず『骨盤』とは人間でいうどこの部分を指し示すのからお話ししていきますね!

 

・骨盤とは→左右の寛骨、仙骨、尾骨という3つの骨が組み合わさってできるもの!

 *人間の体の中心部分にあり、身体全体のバランスをつかさどるとても重要なパーツです。

 

人間は1人1人、骨の大きさや長さも違えば、筋肉の付き方や太さなど各種さまざまであり

全てが一緒の人間はこの世の中で探しても、ほとんどいないと思います。

それはなぜかというと自分自身の両親や先祖代々受け継がれているものも違えば

口にする物も異なることで身体の成長も大きく変わってくると言われています。

 

 

★実際に骨盤も男女で大きな差があります!

 →なぜかというと男性にはできなくて、女性のみできることと言えばなにがありますか?

 

 

 それは【子供を産むこと=出産のこと】です

 

 

~ここで男性の骨盤と女性の骨盤の違いについて紹介していきます~

・男女の骨盤で見た目だけでまず違うところは<骨盤自体の大きさ>です!

 →女性は特に大きく、広いのには妊娠が大きく関係しています。

  仙骨を男女で比較して見ると、(左)女性は幅が広く短い、(右)男性は幅が狭く長い

 

・その他にも<恥骨下角の大きさ>も男女で異なります!

 →妊娠し、出産する際には恥骨結合という左右の恥骨を結合している部分が出産に伴い開く

  それには<ホルモンの分泌>が大きく関与しています

①エストロゲン、プロゲステロン ②オキシトシン ③プロスタグランジン ④副腎皮質

この4つが大きく関係すると言われています!

あと<骨盤腔>という骨盤の中の空間も男女で異なります!

 →妊娠すると、お腹の中で赤ちゃんを育てていくのですが男性は骨盤腔がハート形

  女性は楕円形の形をしていて、妊娠するのに適切な空間を作ることが可能となります。

 

★産後の方は出産時に骨盤が開く為、運動療法がとても重要になります!

 現状接骨院に産後骨盤矯正で来院されている患者様から話を聞くと

・「産後ベルトは面倒だし、固定されると体が動かしにくい」

・「運動をしたいが、どのようにしたらいいのかわからない」

・「子供を出産してから、自分の時間を作ることが難しくて」

など様々な意見がありました。

 

『骨盤矯正で身体を整え、運動療法で骨盤の筋肉を動かせるようにしていきましょう!』

特に産後はホルモンが出ている産後半年の間が体を治す大切な時期になります。

この時期にしっかりケアすれば体はかなり楽になります。

『骨盤』というだけでも一つ一つの形には意味があり、重要な役割を担っているということで、その一部を紹介しました!

 

☆接骨院に来院される多くの患者様は痛みや身体の変化に悩まれていることが多いです、

 実際に身体の動きを見てみると、バランスが崩れた状態のまま仕事や日常生活を送ることで

 症状が悪化し、精神的にも追い込まれてしまいます。

 

 

自分は「大丈夫」と思っていても体は悲鳴を上げているかもしれませんよ!

体重の変化や下半身太り、尿もれ、、、など産後の症状がそのうち治るだろう…

って思っていてなかなか治らなかった方を多く見てきています!

 

まはろ接骨院の骨盤矯正・産後骨盤矯正は

   【①バキバキしない無痛の矯正 ②即効性のある治療】が1番の特徴です!

*骨盤矯正の治療を想像すると、骨をバキバキ鳴らすイメージがあると思いますが

 当院では無痛整体となりますので患者様にも安心して治療を受けて頂くことができます!

産後は子育てで忙しいかもしれませんが、体を治せる時期に

しっかりと治す機会を設けてあげてください。

 

愛西市、津島市、稲沢市で痛みがある方、なんだか身体の調子が悪い方、歪みが気になる方

今の症状をそのままにしておくと、他の部分にも影響が出てきます。

後になって後悔しないため、早期の治療をオススメします!

まはろ接骨院では患者様を治療終了まで全力でサポートしていきます!

今回のブログを読んでいただいて、『骨盤矯正を体験してみたい』してみたいと思った方は

ぜひまはろ接骨院にお越しください!

 

 

 

★当院の骨盤矯正についてです

→是非読んでみてください