施術体験ブログ

学生さんの膝の痛み! ~オスグット・シュラッタ―病~

2017年05月30日

今回はオスグット・シュラッター病についてお話しします。

 

オスグット・シュラッター病とは

発育期のスポーツ少年(10歳~15歳)に起こりやすいのが特徴です

大腿四頭筋(太ももの前面の筋肉)を繰り返し使う事で

骨に負担がかかり、お皿の下に骨が突出し、その部分に痛みが生じます。

 

osgood-448x336

 

 

運動を休むと痛みが引きますが、運動を始めると痛みが再発してしまいます。

 

原因は?

過度の運動

運動量が多いと筋肉が固くなり発症しやすくなります。

ストレッチ不足

体のケアが不足していると、筋肉が固まった状態が続き発症の原因になります。

・体のバランスの歪み

体の歪みが原因で、バランスを崩し大腿四頭筋に負荷がかかり発症してしまいます。

 

 

どうしたらいの?

・しばらくの間は過度の運動は控えるようにしましょう。

・痛い所は炎症をおこしているので、アイシングをして

一時的に炎症を抑えましょう。

骨盤矯正を行い体のバランスを整える事で

大腿四頭筋に過度に負担がかからないようにしましょう。

※痛みが発症した後の大腿四頭筋のストレッチは痛みを悪化させる恐れがあります。

 

images

 

予防することが大切!!

・痛みが出る前に大腿四頭筋をストレッチ

・体のバランスを整えて大腿四頭筋の過度に負担がかからないようにする

images

一度発症してしまうとなかなか治らないので、発症する前にしっかりと体のケアをしましょう。

 

スポーツ障害といえば?

→スポーツ外傷に強いまはろ接骨院へ!!

 

体の歪み、バランスを整えるなら

→まはろ式骨盤矯正