施術体験ブログ

寝違えの原因&ストレッチ

2016年12月2日

   今回は寝違えの原因とストレッチを紹介します。

 

   朝起きて首を動かしたときに「痛っ(>_<)!!」

   首を傾けようとするときに起こる激痛。

 

   『寝ている姿勢が悪かったのか、首が痛くて動かない。』

   このような経験、一度はありますよね?

 

   寝違えの原因は??

 

   ★枕があっていない。

   眠るときの枕があっていないと寝違える確率も高くなります。

 

   ★寝る姿勢が悪い。

   身体や首を不自然な形に曲げたり、身体が縮こまった状態で寝ると

   筋肉や関節に余計な負担がかかってしまいます。

 

 ★過度なストレスがかかっている。

   ストレスは睡眠不足の原因にもなり、睡眠不足の状態だと寝返りを

   上手くできず寝違えの原因になります。

 

    ★寝不足

   寝返りなどで姿勢をいい状態に戻すという反応が鈍くなるため

   寝違えが起こりやすくなります。

 

    ★慢性的な肩こり

   慢性的に肩が凝っている場合も筋肉が緊張しているため

   寝違えが起こりやすくなります。

 

 

   このようにさまざまな原因で寝違えは起こります。

 

 

   <ストレッチ方法>

 

   ①痛む側の腕を少しづつ上げて20秒キープ

    手首の力を抜いた状態で行うのがポイント!!

   ②腰の後ろに手を当て20秒キープ

   ③手を90度に上げ、肘を120度に曲げます。

   その角度のまま腕を軽く後ろに引いて20秒キープ。

 

  *動く範囲で無理をせず行ってください。

 

 

 

愛西市・津島市 口コミNo1のまはろ接骨院 HP →まはろ接骨院HP

 

日々ブログ更新 施術体験談→ まはろ接骨院ブログ