施術体験ブログ

肘が痛くて、、 ~津島市10代~

2016年11月2日

今回は野球をやっている10代の男の子肘の痛みを訴えて来院されたお話しです!

 

 

「小学生に入ってから野球をやるようになりました。

 前から痛みがあったのですが、練習も問題なくできていました。

 ですが、ここ最近はボールを投げる時や物を持ち上げた時に

 肘の内側に痛みが走り、なかなか思うようなプレーができていない」

との内容でした。

 

 

この患者様の声で特に重要になってくるのが

肘の痛みが内側にあるのか、外側にあるのかです!

 

内側の痛み→野球肘(内側)

外側の痛み→離断性骨軟骨炎(OCD)発生年齢は12〜15歳

                  パンナー病 発生年齢10歳以下

などが考えられます!

 

痛みが出る原因も1回の外力で発生するものや

繰り返し使うことで発生するものなどさまざまです!

それに投球時のどのタイミングで痛みがでるのかも

大切なポイントになってきます!

 

 

「野球肘」の画像検索結果

 

☆小中学生の肘内側の痛みで絶対に見逃していけないのが

 「離断性骨軟骨炎(関節鼠)」です。

 

 

これを防ぐために、まはろ接骨院にはエコーがあります。

エコーを使い、肘の状態を見ることで今どのようになっているか

判断することができます!

 

 

逆に関節鼠をそのままにしてしまうと

①急に肘が動かなくなったり

②骨が変形してしまう(変形性関節症)

を起こす可能性が高くなります。

 

 

今回もエコーを使い肘の状態を確認してところ

とくに異常はなく患者様も安心していました(^^♪

 

 

肘以外の場所を治療で見たところ

肩関節の動きが悪くその影響で肘に負担がかかり

痛みが生じていました。

 

野球肘のようにしっかりと判断しないと

将来肘の痛みや動きに支障をきたす疾患はたくさんあります。

 

津島市以外にも、稲沢市、愛西市で痛みに悩んでいる方

症状がなかなかよくならない方がいましたら

是非、まはろ接骨院にお越しください。

患者様1人1人にあった治療法を提案してきますので

よろしくお願いします(^_^.)

 

 

スポーツ障害とはどのようなもの?

まはろ接骨院のスポーツ治療について

まはろ接骨院といえば、、、

まはろ式骨盤矯正が効果抜群