施術体験ブログ

顔の歪みの原因は?小顔矯正で左右対称に!?

2018年10月15日

今回は、当院でもお悩みの多い

『顔の歪み』

についてお話をしていきたいと思います!!

 

 

みなさんは、このような事を感じたことはないでしょうか?

 

「年々顔が大きくなってきた」

「顔が左右非対称だ」

「自分の顔を写真で見てショックを受けた」

 

など、これは顔の歪みが原因かもしれません。

 

 

顔の歪みの原因

顔の歪みの原因は実は日常生活の中にあります。

では、どんな習慣がよくないのでしょうか?詳しくご説明していきます。

 

 

噛み癖・食いしばり

フェイスラインに手を添えて、奥歯をぐっと噛みしめてみてください。

エラのあたりがボコッと固くなるのがわかりますか?

ここに、咬筋といって、咀嚼する際に使う筋肉があります。

いつも片側ばかりで食べ物を噛んでいると、片側の顔の筋肉ばかり使われてしまい、よく噛む方の筋肉が発達します。

そうすると、あまり嚙まない側の筋肉は弱くなり、顔の左右で筋肉のバランスが崩れます。

 

食いしばりや睡眠中の歯ぎしりがある方も要注意です!

常にぐっと力がはいった状態だと、咬筋の過剰発達が起き、エラがはれたように大きくみえてしまいます。

 

 

 

寝る姿勢

うつ伏せや横向きで寝ると顔に負担がかかります。

顔を横にした状態で寝ていると、たるみやしわの原因です。

理想の寝方は仰向けです!

また、体に合わないマットレスや枕で寝ていると、寝返りがうまく打てず、長時間一定の場所に負荷がかかってしまい、顔や体の歪み、腰痛、血行不良を引き起こします。

 

 

 

頬杖を付く

頭の重さは成人で約4~8kgあります。

ボウリングの球くらいの重さがあります!頬杖をついていると、その部分に負荷がかかり顔を歪ませてしまいます。

 

 

 

スマホやPCの長時間利用

手と同じように、目にも利き目というものがあります。

長時間のスマホ・PC利用は目の筋肉を疲れさせてしまい、片側の目がおもく、ひらきにくくなってしまうことがあります。

 

スマホを利用する際は、明るい室内で適度に休憩しながら使用してください。

 

 

 

体の歪み

頭は体の一番上にあります!

ビルで例えると屋上にあたります。もし、体に歪みがあると、その歪みが顔にも影響し、顔の歪みにつながります。

  

 

 

顔の歪みは小顔矯正で改善します!!

 

☟お顔の歪み、フェイスラインのもたつきでお悩みのお客様

beforeのお写真を見ると、特に右側がふくらんでいますね。フェイスラインのもたつきや、目の開きも左右で違うことに悩んでいました。

小顔矯正の施術後は、左右のバランスがよくなり、お顔がだいぶ小さくなりました!!

横幅もかなりスッキリしています☆

 

 

☟産後、お顔が四角くなった、というお客様

産後にお顔が大きくなり、以前よりほほやエラがでて四角っぽくなってしまった・・・というお客様です。

施術後は頭のハチもまるくなり、ほほ骨の出っ張り、エラもシャープになっています。

綺麗な卵型のお顔です♪

 

 

 

最後に・・・

顔が歪む原因は普段の何気ないクセや日常生活の中にあります。

まずは日常生活クセ習慣を見直し、改善することが大切です。

 

お顔のお悩みが気になる方は小顔矯正を体験してください。

少しでもお悩みが解消できるよう、おひとりおひとりに向き合っていきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました(#^.^#)

 

 

お試し3,240円キャンペーン実施中!

疑問や不安はお試しのカウンセリングの際にしっかり伺います!!

お問い合わせはお電話、LINE@でお気軽に♪

 

美容整体WELINA

☎(0567)-69-5012

 

名古屋市・県外からも来院多数→まはろ小顔矯正HP

 

腰が痛いだけじゃない!足全体に起こるしびれの原因とは

2018年10月1日

腰痛といっても腰の痛みだけではなく、お尻や太ももの後ろ、すね・足先にまで痛みが出現したり、しびれが起こったりしていませんか?

今回は普段の生活に必ず支障をきたしてしまうそんな腰痛によってのしびれの原因・予防・改善策についてご説明いたします!

まず初めに皆さんこういった姿勢をソファや椅子でとられたりしていませんか?

仕事で疲れて帰ってきて休もうと思ったときや普段での座り方、家事が一段落ついて休もうと思った瞬間にこういった姿勢をとってしまう方は結構いるのではないかと思います。

少しでも楽な姿勢をとろうとした時は必ず悪い姿勢をとってしまいがちです。

それによって腰に負担がかかり腰痛が発生することも少なくはないと思います。

腰痛がひどくなってくるとしびれまで引き起こすこともあるでしょう。

今回はそのしびれの原因をまずは説明します。

しびれと言っても足全体に起こるしびれなのかそれとも親指だったり、足の外側だけがしびれたりしているのか様々あるのですが、今回説明するのは足全体に起こるしびれについてです。

足全体に起こるしびれの症状を「坐骨神経痛」といいます。

   

では、この坐骨神経痛の原因とはなんなのか

まず坐骨神経とはなんなのかといいますと、人体の中で最も太く、長い末梢神経で腰のあたりから爪先まで伸びている神経です。

 

この神経が圧迫されると、腰やお尻・太もも、ふくらはぎや足先といった広範囲にピリピリとしたしびれ強く張っている感じの症状が出現します。

坐骨神経痛は疾患ではなく原因がはっきりと特定できる場合、症状の一つとして扱われます。その原因となる疾患とは「腰椎椎間板ヘルニア」「腰部脊柱管狭窄症」などが挙げられます。ただ検査をしても原因が見当たらない場合は「坐骨神経痛」が病名となります。

ではこの2つの疾患とはどういったものなのでしょうか。

腰椎椎間板ヘルニア

背骨は椎体という骨がたくさん連なって構成されています。この椎体と椎体の間には、クッションの働きをする椎間板という軟骨が存在します。この椎間板が長時間同じ姿勢をとっていたり重たい荷物を急に持ち上げることによって潰されたりはみだしたりしてしまうことによって神経を圧迫し、坐骨神経痛を起こしてしまう原因となります。

 

腰部脊柱管狭窄症

脊柱管は背骨の中央にあり、脊髄とそれにつながる神経通っています。多くの場合加齢に伴って腰の部分にある椎体が変形し、脊柱管が狭くなることによって神経を圧迫し、腰の痛みや足のしびれの原因となってきます。

 

この他にも梨状筋症候群や腰椎分離症・すべり症、外傷による圧迫やアルコール依存症、喫煙、ストレスなどによっても起こる場合があります。

症状の改善

坐骨神経痛を改善する方法としては発症の原因でもあった長時間同じ姿勢をとらないことなるべく重たいもの持たずに腰への負担をなくすこと腰周辺の筋肉を鍛え、腰にかかる負担を筋肉でまかなったりすることが大切です。

予防

坐骨神経痛がおこらないように予防するためにはしっかりとした正しい姿勢で椅子に腰掛けたり、腰周辺の筋肉のストレッチを行ったりすることも予防の一つです。

  

また当院の治療の一つである骨盤矯正姿勢の改善使えてない関節の動きを出すことも腰への負担を軽くするので是非当院へお越しいただき腰痛の予防、症状の改善をしていきましょう!

また、腰周辺の筋肉をしっかりと鍛えれる機械も完備していますので是非まはろ接骨院へお越しください!!

 

~10月休診日のお知らせ あま甚目寺院~

2018年10月1日

暑い夏も過ぎ、過ごしやすい天気になってきましたね。

秋といえば「スポーツの秋、食事の秋、読書の秋」と言われて

いますが皆様は何をしてお過ごしになられますか。

涼しくなり運動もしやすくなりますが、くれぐれもけがにはお気を付けください。

 

皆様にご連絡です。

・まはろ接骨院    [あま甚目寺院]

・美容整体WELINA   [あま甚目寺院]

共に一部診療日を変更させていただきます。

※あま甚目寺院のみ水曜日は不定休とさせていただいております。

10月は3日ほど水曜日をお休みいただきます。

 

※愛西院は通常診療しておりますので

お間違えのないようにお越しください。

 

 

 

10月の診療日の変更

10月  3日(第1水曜日)

    17日(第3水曜日)

    24日(第4水曜日)

の3日間をお休みとさせていただきます。

皆様にはご迷惑をお掛け致しますがよろしくお願い致します。

 

 

毎月早めにお休みの連絡をさせていただきます。

10月も元気で皆様のお身体のお悩みを

解決できるようにサポートさせていただきますので

今後ともよろしくお願い致します。

 

9月、10月は暗くなるのも早く、視界も悪く

交通事故が増えますので皆様お気をつけください!

小さな交通事故でも身体の治療や保険の相談など行っております。

ご家族様、友人、近所の方、同じ職場の方などで

悩まれている方がいらっしゃいましたら、ご紹介ください!

 

まはろ接骨院HP

⇒お身体で気になることがある方はぜひ

 

ずっととれない肩の痛み。。大切なのは姿勢!?

2018年09月19日

慢性的な肩の痛みに悩まされたことはないですか?

よく皆さんが、「肩こりがひどい・肩がだる重い」などといった痛みや違和感に襲われた経験はありませんか??

おそらく沢山の方々が経験したことがあると思います!

では、なぜ肩こりが起こってしまうのか考えたことはありますか??

今回は、肩こりが起きてしまう原因や改善策などお伝えしたいと思います!

原因の筋肉

肩こりに関係する筋肉は沢山あります!!

その中でも、特に原因となる筋肉が『僧帽筋』と言われる筋肉です!

この筋肉は幅広い筋肉であり、首の後ろから肩、背中にかけて付いていて上部、中部、下部の線維に分けることが出来ます。

この筋肉は主に肩や肩甲骨を挙上させたり、肩を内側にいれたり色々な動きを出すのに使われます。だからこそ、日常生活やスポーツで使われることが多いです!

痛める動作

この筋肉を使ったり、緊張しやすい動作を紹介します。

日常生活

・腕を上にあげるとき

・パソコン

・スマホ

・赤ちゃんを抱いているとき

・ショルダーバッグを肩にかけているとき

姿勢

・猫背

・前かがみ

・なで肩

など沢山の原因があります!

 

 

 

他にも、冷房効いている場所に長時間いたり、精神的ストレスを感じているときにも筋肉が緊張してしまうことがあります!

これらは、基本無意識のうちに行っていることが多いので、気付いたら肩こりになっていることが多いです!

予防と治療方法

肩こりは起こる前に予防をすることが大事です!

(予防)

・肩を温めることで筋肉の血流を良くすることで筋肉を弛緩させたり、疲労を改善することができます。

・運動やストレッチをすることで僧帽筋を動かします。

・入浴の際、肩までしっかりお湯に浸かり身体を温め、リラックスさせます。

 

まはろ接骨院では、痛みに対してはハイボルテージ治療といい、高周波の電気と超音波を組み合わせた最先端治療を取り入れることで痛みの改善を行います!

そして肩こりの原因となった姿勢に関しては、その人に合った治療計画として『骨盤矯正』や猫背が気になる方には『猫背矯正』を行い痛みの根本改善を行います!

 

肩こりは、性別を伴わず誰でも起こってしまいます。。。

ですが、肩こりは起こる前から予防をすることは可能です!

当院の目標は、痛みを改善した中で今後痛みが起こりにくい身

体づくりをコンセプトに治療を行わせていただいています。

 

肩こりに悩みがある方は当院でまず姿勢の確認をさせていただき、一緒に痛みを改善した中で、ケガの起こりにくい身体づくりをしていきましょう!!

社外研修~3日間沖縄へ~

2018年09月12日

こんちには!

9月8日~10日の間、お休みを頂き沖縄県に社外研修・旅行へ行ってきました!

お休みを頂き、皆様にはご迷惑をおかけしました(ーー;)

 

沖縄での三日間を振り返りたいと思います!!

 

沖縄一日目~

去年に引き続き二度目の沖縄へ!去年より倍ほどスタッフが増えました( ゚Д゚)

初日は夕方に那覇空港に到着し、夕食まで国際通りでゆったりしていまいた。

サーターアンダーギ―やアイスを食べたりなどなど(*^▽^*)

 

 

そして初日の夕食の場所は・・・なんと!!!!

『平和苑』というお店の焼き肉店でした(^O^)/

素晴らしい『泡盛』も!

写真にある『泡盛』は三重県鈴鹿市ある

「おおえのき接骨院の町田先生」から頂きました。

この繋がりに感謝です(≧▽≦)

    

 

沖縄二日目~

水納島という離島に行き、アクティビティをやるメンバーと

本島に残るメンバーに分かれました!

   

夜は『ステーキハウスjam』に行きました!!

美味しすぎて感動の一言です(゜_゜)

  

 

 

沖縄三日目~

朝は男性スタッフで沖縄をサイクリングして爽快でした(^^♪

 

その後はウミカジテラスに行き、ソーキそばなど沖縄名物を堪能しました!!

最後に空港でお土産を買い、愛知県へ帰りました。

とても濃厚な三日間で愛知県に帰るのが寂しかったです(´・ω・`)

去年に続き、今年も沖縄で様々なところに行きスタッフ同士で出かけたり、

話したりなどとても充実した三日間でした。

今回の社外研修・旅行で大榎接骨院の町田先生をはじめ、

ホテルの方たち、現地沖縄の方たちなど

沢山の方々のご協力があり素晴らしい三日間になりました!

この繋がりを大切にして、よりよい会社にしていきます!

 

このような機会を作ってくださった会社、そして代表に、感謝し

これからも患者様・お客様に愛される

『まはろ接骨院』『美容整体ウェリナ』を目指し頑張ってきます!

 

最後に代表がこれからのビジョンを考えている姿です(^^)/

いつもありがとうございます!

※海が似合ういい男ですね(*^_^*)

今回のブログ担当は横井でした。

ふくらはぎに急な痛み。痛みの原因は肉離れ?

2018年09月4日

今回はよく耳にする「肉離れ」についてお話します。

 

まず肉離れとは????

筋肉が急激に収縮する、または繰り返し同じ筋肉を反復して使うことによって、筋膜や筋繊維が損傷してしまうことです。

 

肉離れが好発するのは下半身です。

下半身の中でも

・大腿四頭筋(太もも表)
・ハムストリングス(太もも裏)
・腓腹筋(ふくらはぎ)

この3つが多いです。

その中の腓腹筋(ふくらはぎ)の肉離れについて、説明していきます。

 

 

腓腹筋(ふくらはぎ)の肉離れでは

テニスや、バドミントンのスポーツに多く発症することから別名「テニスレッグ」といわれています。

年齢では30代~40代にかけて多くみられます。

 

ではふくらはぎの原因はなんでしょうか??

・筋力不足や筋肉が疲労している状態

筋力が少ないと筋肉が収縮した際に筋肉が負荷に耐えられなくなり、筋肉が断裂

してしまいます。

・筋肉の柔軟性不足

肉離れは筋肉が収縮することよりも、引き伸ばされる(遠心性収縮)動作により、

起こりやすといわれています。

伸ばされた時に柔軟性の筋肉であれば肉離れを回避することができます。

反対に筋肉の柔軟性が低下していると、発症しやすくなってしまいます。

 

<症状>

・運動時痛

軽症であれば、歩行には特に痛みはないが、軽いジョギングや、ジャンプなどの動作で痛みがでる可能性があります。

重症であれば、足関節を動かすだけ、または足に体重をかけるだけで痛みがでる場合もあります。

陥凹

肉離れが重症であれば、筋肉の表面を触ってみると筋肉が断裂して、凹みを感じれることができます。

 

腫脹・皮下出血

重症度によりますが、ひどい場合だと、受賞後数時間後から数日後に腫脹、皮下出血がみられます。

 

治療法

ほとんどが保存治療で行っていきます。

特に受傷してから48時間はRICE処置が大切です。

・Rest(患部の安静)

・Icing(冷却)

・Compression(圧迫)

・Elevation(挙上)

しっかりと受傷直後からの処置を行うことで、治りる期間が変わってきます。

 

さらに、当院では最先端のハイボルテージといった物理療法を使って早期に痛みを取り除いていきます。

 

 

 

人の手では触ることのできない損傷部位の深部にエネルギーを伝えることで、損傷している組織にアプローチすることができます。

 

 

肉離れは予防が大切になってきます。

柔軟性が低下してくる場合や、筋肉が疲労している場合に発症しますいので

しっかりと腓腹筋(ふくらはぎ)ストレッチをこころがけましょう。

 

愛西市、津島市、稲沢市周辺にお住まいの方で

ふくらはぎの肉離れを早期に治したい方

少しでも早くスポーツ復帰をしたい方

最先端の治療機器を用いるまはろ接骨院にご相談ください。

 

肉離れを早期に治したい方

→医療最先端の治療機器を用いるまはろ接骨院に!!!

 

肉離れを起こしやすい方

→身体の根本原因を突き止めるまはろ式骨盤矯正

 

9月より!メジャーリーグのトレーニングメゾット始動します!

2018年08月31日

 こんにちは!

9月1日よりあま甚目寺院にて

メジャーリーグで実際に行っている

トレーニングメゾットがスタートします!!

どんなものなの?

トレーニングの本場アメリカでメジャーリーグの選手たちが

実際に取り入れているトレーニングです!

運動の基礎・ベースとなる身体の動作を

[現状よりもいい状態]

にしていくトレーニングになります。

トレーニングと聞くとガンガン鍛える!というイメージがありますが違います!

 

その人自身の身体の基礎的な動作を分析し、

問題のある動作をよりいい動作に近づけていくトレーニングになります。

トレーニングメニューとしては、良い動作にするための

動作指導をマンツーマンで指導していきます!

そのあとに身体のベースとなる体幹を作るためのトレーニングをします。

 

こんな人におススメ!

・日常生活時にくる腰・膝の痛みがある人

・野球のボールを速くしたい!今よりも速く走りたい!

 パフォーマンスをあげたい!

・運動をするときの肩や腰、膝などの身体の痛みをなくしたい!

・次の大会までにもっといい状態にしたい!

・もう同じケガをしたくない!

メリット

効率のよい身体の動作にすることで、

・ケガの予防・ケガの再発予防

・腰痛・膝の痛みの改善・予防

・運動パフォーマンスの向上

につながります!!

 

生活・運動をするうえで必ず身体は動かします。

そのなかでその動作に問題があれば、

・ケガをする

・同じケガを再発する

・身体を痛めるリスクは高くなります。

その動作をより効率の良い動作に変えることでそのリスクは必ず減ります。

ぜひ、ケガのしにくい身体つくりをしていきましょう!!

9月1日よりまはろ接骨院あま甚目寺院にてスタートします!!

はじめにお試しコースもありますのでぜひ体験お越しください!!

 

 

あま甚目寺院

住所:あま市森2-1-3

TEL:052-526-6661

意外に夏に急増する『ギックリ腰』について!!

2018年08月28日

今回はここ最近、多くの方が患って来院される

『ギックリ腰』 についてお話しします。

 

皆さんの中に、

『ギックリ腰は冬に起こるもの』

『夏は暖かいから大丈夫』

とお考えの方はみえませんか?

もちろんギックリ腰は冬に多いですが、実は夏にも多いのです。

今回はギックリ腰のメカニズムをお話していきます!!

 

 

 

ギックリ腰とは

ギックリ腰とは、重い物を持ち上げる際や、腰を捻ったりした際に起きることが多く、

レントゲン検査などで特に異常がない急性の腰痛を総称して、ギックリ腰といいます。

 

ギックリ腰の症状としては、、、

◎腰に急に力がはいらなくなってしまう

◎体がクの字に曲がってしまい、その場から動けなくなってしまう

◎痛みで真っすぐ立つことができない

などが特徴的です!!

 

 

 

ギックリ腰が起こる要因

ギックリ腰にはいくつかの原因があると考えられます。

 

①筋肉の柔軟性不足

筋肉の柔軟性が欠けると急な動作に対応しきれません。

日頃からの腰やお尻の筋肉のストレッチはもちろんのこと、

もう1つ欠かせないことがあります。

 

それは 『水分補給』 です!!

筋肉は脱水を起こすと硬くなってしまいます。

特に今年の夏のように猛暑が続くと、

筋肉が硬い状態が続き、ギックリ腰を起こす引き金になります。

この脱水が夏にギックリ腰を起こす、大きな要因になります。

1日で推奨される水分摂取量としては、

1.5~2Lのお水かお茶が良いと言われています。

しっかりと水分補給をするには、

500mlのペットボトルを何本か用意し、飲む量を分かりやすくすると良いです^ ^

1度に多量に補給するのではなく、細めに補給するようにしましょう!

 

 

 

②骨盤の歪み

骨盤の歪みがあると筋肉のバランスが崩れて、異常な筋肉疲労を起こし、

ギックリ腰を発症する危険性が高まります。

当院では姿勢測定を行い、現状の歪みを確認したうえで、

治療を行うので、事実に基づいた治療が可能です!

 

 

 

当院のギックリ腰に対する治療法は、、、

①医療的なストレッチを行い、緊張して固まっている筋肉をほぐします!

②骨盤矯正を行い、歪んだ骨盤を正常な位置に戻します

 

また当院では、腰だけにとらわれず、

肩回りやふくらはぎなど、全身にアプローチをします。

それはなぜかというと、ギックリ腰を起こした方は、

腰をかばい、全身に大きな負担をかけてしまうからです。

 

 

☆ギックリ腰は初期治療を怠ると、何回も繰り返してしまいます。

当院では根本治療を目標にしているので、再発予防に欠かせない

インナーマッスルトレーニングも行っております!!

 

☆ギックリ腰を繰り返したくない方…

根本改善 まはろ接骨院の骨盤矯正

 

 

股関節周りの痛みの原因は『グロインペイン症候群』かも

2018年08月20日

皆さん、こんにちは!ワールドカップは観られましたか?日本代表もとても活躍して盛り上がりましたね!

今回はサッカー選手・競技者に多い股関節周囲の謎の痛みグロインペイン症候群』について書きました。

別名『鼠経部痛症候群』とも言われます。

 

グロインペイン症候群ってなに?

明確な治療法は確立されておらず、治りにくく慢性化しやすい鼠径部・股関節(足の付け根)・ももの内側・下腹部にかけて痛みが出てくるケガになります。

人によって違う場所に痛みが出現するためグロインペイン症候群とは鼠径部周囲の痛みの総称になります。

また素因としては恥骨結合炎・内転筋障害・スポーツヘルニア・腹直筋の起始部炎症などがあげられます。

日本・世界のプロサッカー選手でもこのグロインペイン症候群になっている選手は多いです。

 

症状はなに?

・サッカーでボールを蹴る時、全力で走る時などに鼠径部周辺に痛みが出現

・また最初は痛みが軽度な場合やすぐに痛みが治まりますが、過度な運動を続けていたりすると痛みが取れにくくなってきたり軽度な運動時でも痛みがでたりします。

・無理に運動を続けていくとどんどん悪化していきます。

原因はなに?

多くの原因としては

・股関節の過度な負荷、使い過ぎ

・股関節の筋肉・関節の柔軟性低下

・運動時の股関節と体幹の協調性が不自然などです。

 

※痛みを取るだけでなく、しっかりと根本の原因まで見つけ根本から治していくことが大切になっていきます。

 

どうすればいいの?

グロインペイン症候群は過度な運動から痛みを誘発するので安静にしていれば痛みの改善はしていきますが、再び運動をし始めると痛みが出てきます。

 

なので安静も大切なのですが、それと同時に股関節周りの筋肉・関節の柔軟性を良くしていくことが大切になっていきます。

また股関節の動きと体幹の協調性が必要になってくるので正しい身体の使い方をしていくことが大切になっていきます。

 

自分でできること

股関節周りの筋肉・関節の柔軟性を良くするために5つのストレッチを紹介します。

〇腸腰筋のストレッチ (股関節の前側の筋肉)       

①左の腸腰筋を伸ばす場合、右足は前に出して股関節と膝関節は90度

②伸ばす側の左側は後ろにする

③伸ばす側の上肢を上げる

④身体を後ろと右側に伸びるようにストレッチをする

〇大腿四頭筋のストレッチ(前モモの筋肉)

①横向きで寝てもらい伸ばしたい側を上にする

②ベッド側についている下肢の股関節・膝関節は90度にする。

③伸ばしたい側の足の足部を持ちながら身体よりも後ろにもっていく

〇内転筋のストレッチ(ももの内側の筋肉)

①画像の通りのスタートポジションを取ってもらい殿部を後ろに体重をかけていく

〇殿筋のストレッチ

①伸ばしたい側の殿部の下肢を逆側のももの上に乗せる

②身体を前側にもっていき、伸ばさない側の下肢で伸ばす側の下肢を身体に近づける

〇ハムストリングスのストレッチ(もも裏の筋肉)

①スタートポジションをとって身体を前に倒す

 

 

また股関節と体幹、上肢の協調性を出すために2つトレーニングを紹介します。

①四つん這いになり上肢・下肢のお互い反対側を背中の高さまであげていき次は最初と逆側もやっていきます。

②横向きになり上側の下肢を上げ下げしていきます。

 

まはろ接骨院でできること

①骨盤矯正

しっかりと骨盤の歪みをとり正しい姿勢にすることで身体に負担が少なく運動が出来ます。

また股関節の柔軟性を出すことで痛みの出にくい身体つくりが出来ます。

 

 

②ハイボルテージ

深部の筋肉まで刺激され柔軟性がよくなりますし超音波の効果で炎症を抑えます。

 

③JOYトレ

腹横筋という『インナーマッスル』を鍛えることで身体を安定した状態で運動が出来るので股関節周りへの負担を軽減させます。

 

ぜひ股関節周りの痛みが気になる方はまはろ接骨院にお越しください!!

しっかしと身体の状態を確認させていただき全力でサポートしていきます!!

寝たはずなのに朝がすっきりしないのはなぜ?

2018年07月25日

突然ですが、みなさんもこんな経験はありませんか?

・しっかり寝たはずなのに朝がスッキリしない。

・疲れがなかなか取れず、常に体が重い。

・疲れているはずなのに夜が寝られない。

 

 

暑いから仕方ない、、、

年のせいだから仕方ない、、、

と思われている方も多くいらっしゃいます。

 

 

でも今まで何もなかったのに

なぜこの様な症状が起こってくるのでしょうか?

それは身体のゆがみが原因で

起こっているかもしれません…

 

 

身体がゆがむことによって

・神経の通る隙間が狭くなり神経を圧迫
・血液の循環が悪くなる
・疲労が取れにくくなる

など様々な事を引き起こします。

 

 

神経の中でも自律神経が圧迫されてしまうと

頭痛や肩こり、眼精疲労の元になります。

なので身体がゆがみ、自立神経の通り道が狭くなると

・体調不良
・疲れが取れにくい
・朝の目覚めが悪い

などの症状を引き起こしてしまうのです。

 

 

では、どのようにしていけばいいのでしょうか?

先ず大事になってくるのが身体のゆがみを整えることです。

ゆがみを整えることで症状が改善させます。

 

まはろ接骨院では今の状態を知るために姿勢測定をおこないます。

患者様がどうなっているのか。

どこがゆがんでいるのか。

をしっかりと説明させていただきます。

 

 

ゆがみを把握したうえで「無痛の骨盤矯正」を行い、

身体のゆがみを改善します。

しっかりと歪みを整えることで、体の不調もなくなり

日常生活を楽に過ごしていただくことができます^^

 

まずは体全体のゆがみを骨盤矯正でしっかり整えます。

次にまはろ接骨院では「姿勢矯正、猫背矯正」

オススメさせていただいております。

 

なぜ、姿勢矯正をするのでしょうか?

身体のゆがみを整えるだけではいけないのでしょうか?

姿勢が悪いままだと身体はゆがんでしまいます。

せっかく骨盤矯正で整えた身体が少しずつですが

元に戻ってしまうのです。

なので「姿勢矯正、猫背矯正」をオススメしています。

 

 

猫背矯正では首、肩甲骨、肩を中心に

硬くなっている筋肉を柔らかくするするためにストレッチや

肩甲骨周りの動きをしっかりと出すように矯正していきます。

そうすることで前傾姿勢や猫背、なで肩といった姿勢不良が

改善されていきます。

 

「骨盤矯正」でゆがみを整える。

「猫背矯正」でゆがみにくい身体作りをする。

二つの治療を組み合わせることによってまはろ接骨院は

根本改善、根本治療を提供したいと考えています。

ただ痛みを取る。だけでなく

痛みを繰り返さないようにする。

患者様としっかりどうなりたいか、

今後どうなっていきたいのかを話して決めていきます。

 

 

愛西市、津島市、稲沢市周辺にお住まいの方で

・慢性的な痛みを抱えている方

・最近体に不調を感じている方

・姿勢不良を気にされている方

など体のことであれば何でもご相談ください。

全力でサポートさせていただきます。

 

 

まはろ接骨院は7月25日に

「あま甚目寺院」 愛知県あま市森2-1-3

をオープンしました。

接骨院、美容整体WELINA共に診療しています。

新しくできた院も本院も

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

どこに行っても治らなかった痛みのご相談は

 →津島市、愛西市口コミNo.1まはろ接骨院

身体の歪み、バランスが気になる方!

 →無痛、即効性が高いまはろ式骨盤矯正

 

 


1 2 3 4 5 35