骨盤矯正

ばね指について

ばね指の症状

ばね指とは

デスクワーク

指の曲げ伸ばしの際の動きが悪くなり、指の付け根に痛みが生じる疾患です。

指の付け根の部分に腱鞘といわれる、腱を包むものがあり、その腱鞘と腱の間に炎症が起こることによって、指の動きのスムーズさがなくなり、ばね指に繋がります。

ばね指はすべての指に起こりえますが、特に『親指・中指』に多くみられます。

ばね指の原因について

デスクワーク

ばね指は『腱鞘炎から移行』することが多く、『指の使いすぎ』によってばね指に進行します。

腱鞘炎から移行することが多いため、腱鞘炎と同じく、更年期や妊娠・出産後の女性、デスクワークなど指と手首をよく使う方に多く見られます。まれに小児の1〜2歳頃に起こることもあります。

ばね指の治療法

ばね指

指の使いすぎによって炎症が起こってしまうので、まずは『患部の絶対安静』が大切です。ですがこの症状はただ安静にしたとしても、一時的な痛みの緩和のみで中々改善されません。

なので当院としては、「完全に動かない」ようにするために、『ギプス固定』を施します。ギプスはしっかりとした知識・経験がなければ適切な固定はできません。当院では定期的なギプスの練習会を行っておりますので、自信を持ってギプス固定を行っております。

しっかりと症状を治したい方、一度まはろ接骨院へご相談ください。

お問い合わせ

愛西市まはろ接骨院LINE友達追加でラクラク予約!

TOPへ戻る