坐骨神経痛

  • 整形外科で坐骨神経痛と診断された。
  • お尻からふくらはぎにかけてシビレがある。
  • 長時間座っているとお尻がピリピリする。
  • お尻が痛くトントンと叩くと少し楽になる。
  • 歩くと痛いが休憩すると痛みがなくなる。

坐骨神経痛とは?

坐骨神経は人体のなかでもっとも太く、長い神経で、臀部から足の爪先まで伸びています。身体の歪みや腰椎の変形からくる神経の圧迫や神経の出口であるおしりの筋肉などで圧迫する、などがよく言われている原因になります。腰や腎部(尻)、 太もも、ふくらはぎや足の先などに、鋭く、電気が走ったような痛みや、 ピリピリとした痺れ、強く突っ張るなどの症状が生じます。

 

原因はさまざまであり、腰椎椎間板ヘルニア、すべり症、腰部脊柱管狭窄症、梨状筋症候群などに伴い出ることもある。はっきりとした原因はあまりわかっていません。

症状としても患者様一人一人違います。

正式な病名ではなく坐骨神経が関与している部分が痛みやしびれを主体とした症候を総称して「坐骨神経痛」と呼んでいます。

 

坐骨神経痛の主な症状は?

患者様の多くが痺れを訴えることが多く、長時間同じ姿勢で座ると痺れが強くなることや、長時間歩くとふくらはぎがパンパンに張るなど、休憩することでまた歩けるようになるなど神経の圧迫が強いと症状が現れることもあります。

 

それ以外にも筋肉の柔軟性なども大きく関係していきます。歩行や骨盤を支える代表的なものがお尻の部分にある大臀筋や中臀筋や、皆さんも一度は聞いたことがあるハムストリングなどがあげられます。左右の筋力バランスが崩れることで身体に歪みが生じ、それに伴い痛みも出現することも多いです。

 

まはろ接骨院の坐骨神経痛への治療方法とは

当院の治療方法として坐骨神経痛の痛みを緩和するための筋肉の緊張を取る治療もおこないますが、それだけではなく今後も痛みの出にくい、再発しにくい身体作りを目標に治療しています。そのためにまずは骨盤矯正を行い、歪みを整え、身体を正しい位置に戻します。身体を整えることによって、神経の圧迫を緩和します。それだけ気はなく体全体の循環も良くなり、身体を動かしやすくなります。動きやすくなることによって筋肉への負担も減ります。姿勢や体全体のバランスを整えて痛みのでにくい体作りをしていきましょう。

どこに行っても症状がよくならない、なかなか改善されずに悩んでいる方がいらっしゃいましたらいつでも当院にご相談ください。

まはろ接骨院の治療コンセプト

お問い合わせ

TEL:
TOPへ戻る